ホラーな映画は好きですか 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷たい熱帯魚

2010年 146分
101109_coldfish_sub04.jpg

監督…園子温
脚本…園子温/高橋ヨシキ

社本信行…吹越満
村田幸男…でんでん
村田愛子…黒沢あすか
社本妙子…神楽坂恵


この素晴らしき世界。

小さな熱帯魚屋を経営する社本信行とその妻・妙子は、万引で捕まった娘・美津子を引き取りにスーパーへと向かう。すると、その場に居合わせた店長の知り合いという村田幸雄の取りなしで、美津子は何とか無罪放免に。村田も熱帯魚屋のオーナーだったが、規模は社本の店とは比べものにならないほど大きなものだった。そんな村田から高級熱帯魚の繁殖という儲け話を持ちかけられる社本だったが…。

img8883bb08zikczj.jpg

~【  】
1993年に起こった埼玉愛犬家連続殺人事件を元に作られた映画です。この映画、セリフが特徴的で印象に残る言葉が沢山あるのですが「ボディーを透明にする」って言うのは、実際に実話の犯人が言った言葉のようですね、実話だと思うと本当に怖い…。誰一人善人が居ない狂気のストーリーで、146分と言う長い時間飽きずに鑑賞できました。ですが、ラストの理解できないシーンのせいで面白さを削ってしまった印象があります。愛子の大笑いのシーンでラスト…それで良かったような気がします。それにしても、でんでんこういった役上手いですね。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ


関連記事

悪い種子

1956年 アメリカ 129分
bad.jpg

監督…マーヴィン・ルロイ
脚本…ジョン・リー・メイヒン

クリスティーン…ナンシー・ケリー
ローダ…パティ・マコーマック
リロイ…ヘンリー・ジョーンズ
モニカ…イヴリン・ヴァーデン


おそるべき殺人狂の遺伝子!!

クリスティーンとケネスの間には、ローダという8歳の娘がいた。ある日ローダの学校でピクニックが行われている最中、少年が古桟橋から落ちて溺死をしてしまう。誰もが事故だと思っていたが、少年の額に打傷がある事や、ペン習字で貰った金メダルが失われていること、更にローダが事件の直前、少年と一緒にいたことが明らかになると、クリスティーンは我が子を疑い始める。そんな折、クリスティーンがローダの机を探してみると、そこには問題の金メダルが。

20091231_1327384.jpg

~【 】
1985年に「死の天使レイチェル」としてリメイクもされている映画です。リメイクは原作と同じ結末ですが、こちらは違う結末が待っています。元々舞台劇で、ブロードウェイで300回以上上演された作品であり、そのキャストをほとんどそのまま起用しているので役者の役の入り方が素晴らしく、子役のパティを始め、演じていると言うより、そのままリアルにその人物のようです。子供の邪悪さを書いた映画は色々ありますが、この「悪い種子」はその中でも筆頭をいっている作品ではないでしょうか。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ



関連記事

悪魔を見た

2010年 韓国 144分
『悪魔を見た』メイン1

監督…キム・ジウン
脚本…パク・フンジョン

スヒョン…イ・ビョンホン
ギョンチョル…チェ・ミンシク
ジュヨン…オ・サナ
チャン…チョン・グクァン


絶望の果てに、あなたは何を見るのか──

ある夜、国家情報員捜査官スヒョンの婚約者ジュヨンが何者かに惨殺され、バラバラ死体となって発見される。怒りに駆られたスヒョンは、ジュヨンの父で重犯罪課の刑事だったチャンの協力を得て、犯人が残虐な殺人に快楽を見出す悪魔のような男、ギョンチョルであることを突き止める。そして、ギョンチョルを見つけ出し、徹底的に叩きのめすスヒョン。しかし、とどめを刺さすことなく、追跡用のGPSカプセルを飲み込ませ、そのまま解放してしまうのだった――。

i-saw-the-devil-01.jpg

~【  】
ストーリー的には単純な映画だと思います。そして、何故警察がこんなに色々な意味で機能していないのか、ギョンチョルのこともスヒョンのことも見つけられないのか…その他にも突っ込みどころは満載です。ですが、144分と長い作品にも関わらず、一気に見ることができました。韓国映画特有のガス抜きシーンは、こんなシリアスな映画でも健在、そしてトイレのあのシーンは、止めて欲しかった…本当に…。ホラーでは無いのですが、かなりグロいシーンがあるので、イ・ビョンホンが好き、等というような理由だけで鑑賞したら、えらい目にあいます(笑)。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ



関連記事

ダスク・オブ・ザ・デッド

2008年 アメリカ 
img_3.jpg

監督…トビー・ウィルキンス
脚本…イアン・ショア

セス…パウロ・コスタンゾ
ドリー…ジル・ワグナー
デニス…シェー・ウィガム
レイシー…レイチェル・カーブズ


1本のトゲからはじまる最“尖端”の恐怖!

セスとドリーは週末をキャンプで過ごすため、車で田舎へと繰り出した。人気のない道を走っていると、立ち往生しているカップル、デニスとレイシーに遭遇。どこか様子がおかしい二人にドリーが警戒していると、突然、デニスが銃をつきつけ乗り込んできた!言われるがままに車を走らせ、ガソリンスタンドに立ち寄ることになった四人。しかし営業時間中にも関わらず、客どころか店員の姿さえ見えない。何かが起こっている・・・。ドラッグで不安定になり、得体の知れない不安にかられたレイシーは、ひとりトイレへ向かった。そこで彼女が見たのは、全身に棘が刺さり血まみれで息絶えた男の姿だった!

o0500033310841702932.jpg

~【 】
かなり低予算な作品ですが、変なチープさは感じさせません。登場人物も少なく最初からカウントしても全部で6人。そしてほぼ3人で、最後まで引っ張ってくれます。そのキャラも良いですし、何よりクリーチャーが良い!トゲで…と言う感染の仕方も面白いですし、奇妙な動きに斬新な姿、CG等ではなく人間が演じているのがやはり良いです。ただ、スピード感を出す為に映るシーンはカメラが激しく動くので、流して見ると姿が良く見えないのが残念。ハラハラドキドキも出来ますし、よくある「・・・オブ・ザ・デッド」なんて外れの映画だと思って見た私は、嬉しい方に期待を裏切られました。



にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ



関連記事

危険な遊び

1993年 アメリカ 87分
20110220234025349.jpg

監督…ジョセフ・ルーベン
脚本…イアン・マクエワン

マーク…イライジャ・ウッド
ヘンリー…マコーレー・カルキン
スーザン…ウェンディ・クルーソン
ジャック…デヴィッド・モース


悪はさまざまな顔を持つ。

母親を亡くしたマークは悲しみに沈んでいたが、しばらくして父親が東京に出張に出かけなくてはならなくなり、メイン州に住む親戚の家に預けられる。その家にはマークと同年代の従兄弟ヘンリーがいた。ヘンリーは一見普通の少年であったが、自分で作った武器や死に魅了されており、徐々にその本性を現し始める。

kiken5.jpg

~【  】
イライジャ・ウッドとマコーレ・カルキンの子役時代の作品、二人が主役ですね。流石に演技が上手い、ひと癖ある役の方が演者側には掴みやすそうなので、普通の男の子を演じたイライジャ・ウッドの方が個人的には凄いなと思いました。子供って無知な分、とても残酷だったりしますから、こんなストーリーもリアリティーはあります。最後の火曜サスペンスのようなラストは意見が分かれるところかもしれません。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ



関連記事

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。