ホラーな映画は好きですか ら行

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リング0 バースディ

2000年 日本 99分
ring_0.jpg

監督…鶴田法男
脚本…高橋洋

山村貞子…仲間由紀恵(もう一人の貞子)古谷千波
遠山博…田辺誠一
立原悦子…麻生久美子
宮地彰子…田中好子


ついに明かされる貞子出生の秘密

18歳の山村貞子は、東京の劇団「飛翔」に入団していた。劇団が次の公演「仮面」の上演を控えていた頃、団員全員が奇妙な井戸の夢に悩まされるといったことが起こった。そんな中、折しも公演内容の練習中に、主演女優の葉月愛子が謎の死を遂げる。貞子は疑いの目を向けられるが、音効係の遠山博は貞子を気遣い、庇おうとする。衣装係の立原悦子は、貞子と遠山の接近を懸念する。一方、12年前の山村志津子の公開実験で婚約者を亡くした新聞記者の宮地彰子は、婚約者の死が志津子の娘・貞子の超能力によるものであると考え、貞子の過去を追ううち、貞子の入学していた小学校の教師の話から、「もう一人の貞子」の存在に気づく。

IMG_2098.jpg

~ 【  】
前作『リング』の呪いのビデオ事件から30年遡った話になります。原作が短編のため、映画『リング』とのつながりの関係上、登場人物の設定が大幅に変更されています。ここで貞子を演じているのは仲間由紀恵なのですが、この映画で認められ「トリック」などにも抜擢されたようです。でも…どこが良かったのか…いや、確かに綺麗ですよ、でもそれだけ…演技力の乏しさ単調さに不幸な貞子の生い立ちにも共感することができず、ストーリー自体も薄く感じてしまいました。覚えているのは、ぬ~っと横滑りで現れるシーンくらい(笑)あれは怖かったです。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

ラビット・ホラー

2011年 日本 83分
110818_r.jpg

監督…清水崇
脚本…林壮太郎/保坂大輔/清水崇

キリコ…満島ひかり
大悟…澁谷武尊
公平…香川照之
響子…緒川たまき


誰も見たことがない“恐怖の国のアリス”

10年前に起きた継母の死がトラウマとなり、口がきけなくなってしまったキリコ。小学校の図書館で司書として働く彼女は、あるとき、10歳になる弟の大悟が学校のウサギを叩き殺すところを目撃してしまう。心配する彼女は絵本作家の父・公平に相談するが、彼は逃げるように何も語ろうとしない。その夜、大悟は着ぐるみのウサギに招かれるように不思議な遊園地へ消え、その後を追ったキリコも奇妙で奇怪な世界へと足を踏み入れる。

rabbit3d05.jpg

~ 【   】
ヴェネツィア国際映画祭正式招待作品です。あんな可愛いウサギが襲ってきたって怖くありません。もっと純粋な心で見れたら違う気持も味わえたのでしょうか…。でも、着ぐるみって…ホラー・ファンタジーと言う括りなのだそうで仕方ありませんね…ファンタジーなのですから。。。途中途中不自然さが残るシーンがありまして、ストーリーもどんでん返しが何度かあるので意味が分らなくなってしまいました。観終わっても何だか消化不良だった作品です。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

らせん

1998年 日本 97分
rasen.jpg

監督・脚本…飯田譲治

高野舞…中谷美紀
安藤満男…佐藤浩一
高山竜司…真田広之
山村貞子佐伯日菜子


あいつは死んだはずなのに

病院の解剖室に送られた、男の死体の胃の内容物の中から、数字が羅列された紙切れが発見された。解剖を担当した医師安藤満男は、その男がかつての同級生だったことを知る。安藤は第一発見者の高野舞とともに、その謎に挑もうとする中、ある不気味な存在が浮かび上がる。彼が到達する真実、それは人間進化の扉か、破滅への道なのか…

rasen2.jpg

~ 【  】
「リング」の続編になります。「リング2」のように初めから映画版「リング」の続編ではなく、小説の方の続きと言った方がいいこの「らせん」は映画だけでは意味不明で難しいかと思います。貞子の呪いも念写したビデオから手記、手記から小説へとウィルスの感染方法を変化させます。もうなんでもありです。ただの“呪い”ではなく科学的にそれを解明しようと言う映画なのですが…いやいや、やっぱり“呪い”ですよ(笑)。映画として嫌いな作品ではないのですが、これを観ると「リング」の怖さまで消えてしまうのが残念です。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

ラビット

1977年 カナダ 91分
20111004005945217.jpg

監督・脚本…デヴィッド・クローネンバーグ

ローズ…マリリン・チェンバース
ハート・リード…フランク・ムーア
マレイ・サイファー…ジョー・シルヴァー
Dr.ロクサーヌ・ケロイド…パトリシア・ゲイジ


感染者は射殺されゴミのように捨てられる

交通事故に遭ったローズは、運び込まれた整形外科の病院で、実験段階の皮膚移植の手術を受けたために、血液を栄養とする体質に変異。彼女が脇の下に出来た器官を使って、抱きついた相手から血を吸うと、その被害者は狂犬病のように暴れだして人々に襲い掛かる。この奇病は町中に蔓延し、遂には戒厳令が発令された。

rabid1.jpg

~ 【   】
ローズを演じたマリリン・チェンバースはハードコアポルノでは有名な女優さんのようで、その話題性も手伝って、この映画もヒットしたようです。血を吸わないと生きて行けない身体になってしまったローズによって感染者がどんどん広がって行き、感染者は凶暴になり人を襲います。肉を食べたりはしませんが、泡を吹いたゾンビのような感じです。パニックものですが、低予算ぽく淡々と話は進み派手さはありませんでした。それにしても何故脇の下なのか…そしてその部分が何故あんな形なのか…。肛門にしか見えません! 綺麗な女優さんの脇の下に出来た菊の門…それしか印象に残っていません。。。



にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

ルーム205

2011年 ドイツ 98分
o0353050012523252945.jpg

監督…ライナー・マツタニ
脚本…エクハルト・フォルマール

カトリン…ジェニファー・ウルリッヒ
警部…アンドレ・ヘンニック
アニカ…ユリア・ディーツェ
クリスティンデニス・ガンゼル


呪われた部屋、その謎に触れてはならない

大学生になったカトリンは新生活を始めるため学生寮に引っ越した。しかし、彼女が入居した205号室はいわくつきの部屋だった。以前この部屋に住んでいたアニカが失踪したのだ。夜、カトリンがベッドに横になっているとパソコンが突然暴走し、アニカのビデオ日記が流れる。その日から彼女の周囲の人間が謎の死を遂げ始めるのだった…。

2052.jpg 2051.jpg

~ 【  】
デンマーク「Kollegiet」のドイツ版リメイク。DVDパッケージに惹かれて鑑賞しましたが、怖さと言う面では今一つ…サム・ライミ絶賛!…と言うほどでもないかと…。ですが、赤いフードを被った女は精神を病み情緒不安定気味のカトリンが見た幻影なのか、それともアニカの霊なのか?ミステリー要素もあり、また展開が早く進むので飽きることは無かったです。どこかで見たようなシーンが随所にあり、最後の方は誰もが「リング」を思い出すのではないでしょうか。そこそこ楽しく観れたのですが、お父さんのことは納得いかないな。。。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。