ホラーな映画は好きですか ま行

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミッドナイト・ミート・トレイン

2008年 アメリカ 100分
51BbtIMg6zL.jpg

監督…北村龍平
脚本…ジェフ・ブーラー

レオン…ブラッドリー・クーパー
マホガニー…ヴィニー・ジョーンズ
マヤ…レスリー・ビブ
運転士…トニー・カラン


乗ったら最後。絶対に降りられない。生きたままでは…

ニューヨークの街を撮り続けている写真家レオンは、或る晩チンピラに絡まれていた女性を助けるが、翌日、その彼女が行方不明になったことを知る。地下鉄で別れ際に撮った彼女の写真を見直すと、怪しい男が写っている。警察に訴えても相手にされないレオンは、街で偶然その男を見かけると、恋人マヤの制止も聞かず彼の追跡にのめり込む。だが、食肉処理工場で働くその男マホガニーこそが、いま世間を騒がせている凄絶な地下鉄内連続殺人事件の犯人だった。遂に最終電車にマホガニーを追いつめたレオンは、そこで世にも恐ろしい光景を目撃する…。

dufmllonorA.jpg

~ 【 】
クライヴ・バーカーの原作を北村龍平が監督した作品です。クライブ・バーガーと言えば「ヘルレイザー」や「キャンディマン」と大好きな作品が多いので、期待大で観始めました。内容はヤッパリ血しぶきスプラッター。ハラハラさせてくれますし、歯を抜き、爪を剥がし、目玉を取り出し、髪を剃る徹底した解体ぶりと「ゲッ」って言ってしまうような気持悪いシーンもテンコ盛り。現実味は全くない、突っ込みを入れるところの方が多い内容ではありますが、そんなことはどうでもいいと思わせてくれる映画でした。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

マニアック2000

1964年 アメリカ 88分
20101008_620935.jpg

監督・脚本…ハーシェル・ゴードン・ルイス

トム…トーマス・ウッド
テリー…コニー・メイソン
バックマン町長…ジェフリー・アレン
レスター…ボン・ムーア


信じがたく凄惨残忍な悪事

南部の田舎町プレザント・ヴァレー(人口2000)を通りがかった6人の若者は「100年祭」の主賓として大歓迎を受け、数日滞在することに。しかしこの町、南北戦争の時代に北軍によって大虐殺が起こったといういわくつきの町だったのだ。2000人の狂人により大虐殺が計画されている事を知る由も無く、ビッチ達はバーベキューを楽しみにしているのであった。

img_83951_38614649_0.jpg

~ 【  】
元々は「2000人の狂人」と言う邦題ですが、ビデオ再発売時に「マニアック2000」へ変わりました。2005年に「2001人の狂宴」としてリメイクもされています。狂人が2000人も出てきます。町ぐるみなので子供から年寄りまで狂っています。趣向を凝らしたゲームで殺していくのですが、皆とても楽しそうです。そしてかなり残酷でありながら、やり過ぎているのでもうギャグです(笑)。要所要所、突っ込みどころ満載ですし、1964年の作品だと言うことを考慮しても、千切れた腕など固そうで思いっきりマネキンだったりします。低予算丸出しではありますが、楽しめないわけではありません。スプラッター映画の祖だとも言われているH・G・ルイス監督の作品なので一度鑑賞してみるのはオススメです。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

モスキートマン

2012 アメリカ 81分
E383A2E382B9E382ADE383BCE38388E3839EE383B3.jpg

監督…マイケル・マナッセリ
脚本…マイケル・マナッセリ/J・P・エプスタイン

ジム・クロウリー/モスキートマン…マイケル・マナッセリ
シャナハン探偵…モンティ・ベイン
エブリン…ジョーダン・トロヴィリォン
トロマ・エンターテイメント社長・・・ロイド・カウフマン


吸世主、降臨。

研究所勤めのジムにとって、善良な同僚エブリンだけが心のオアシス。会社の出世争いに敗北し社長に解雇を言い渡され、妻の浮気も目撃してしまい失意のどん底に。そんな彼の前に、新手のワクチン開発で金儲けを企む科学者が現れる。ワクチンの人体実験に利用されてしまったジムは、蚊の特質と特異な能力を持ったモスキートマンとなり復活。その悲しい運命を背負い、愛するものを守るために復讐を誓うのだったが…。

33640_01_l.jpg

~ 【   】
監督、脚本、主演と、マイケル・マッセリ1人がこなしています。冒頭は“ボウフラ”の成長シーンから始まりますがピコピコして気持悪いです。内容としては「ザ・フライ」をアメコミ風にした感じで真剣なんだか笑わせてるんだか分らないギリギリをいってるような映画ですね(笑)。モスキートマンの視点の映像は複眼から見てる映像になっていたりと拘りも見えて、思っていたより面白かったです。でも、あの女性のお腹の中はこの後どうなるのか?大変気になります。

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

ミミック

1998年 アメリカ 106分
83680_001.jpg

監督…ギレルモ・デル・トロ
脚本…マシュー・ロビンス/ギレルモ・デル・トロ/ジョン・セイルズ
   スティーヴン・ソダーバーグ/マシュー・グリーンバーグ

スーザン・タイラー博士…ミラ・ソルヴィノ
ピーター・マン博士…ジェレミー・ノーサム
チューイ…アレクサンダー・グッドウィン
マニー…ジャンカルロ・ジャンニーニ


遺伝子が泣き叫ぶ

次々と子供を死に至らしめる未知の伝染病がNYで発生。被害が拡大するのを防ぐため、昆虫学者スーザンは感染源であるゴキブリを全滅させるべくアリとカマキリの遺伝子を合成した新種の昆虫《ユダの血統》を生み出す。事態は収拾されたが、それから3年後、NYでは奇怪な猟奇殺人が続発していた。スーザンの元に地下鉄で発見された虫が届けられるが、それは《ユダの血統》の特徴を受け継いだ突然変異のものだった。そして調査のため地下に降り立ったスーザンの前に現れたのは、人間の姿に擬態する巨大な昆虫だった……。

img_852465_20143925_4.jpg

~ 【  】
虫が苦手な私は、一回観てから何年も封印していました。今回レビゥーを書こうと引っ張り出して来たのですが、やっぱり気持悪い…特に卵が…。ストーリーは実際にありそうな話です。遺伝子操作なんて当たり前になってきた昨今、こんなことが起こっても不思議ではありません。ただの昆虫の急激な進化には疑問は残りますが、そこは映画ですから良しとして。ただ人間に混ざって生活できるほど、疑似してません…道を歩いてたら確実に振り返ります(笑)。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

元カノ~憑き纏う女~

2010年 タイ 86分
20120410_2302784.jpg

監督・脚本…ポヤホン・チューベッチ

ケン…シャクリット・ヤムナーム
プロイ…ワニーダ・タームタナポン
ミーン…ナバディー・モックハベサ
ボウ…マチャーマ・チワニットチャパン


彼の隣は私の居場所、誰にも渡さない

人気俳優のケンは相当の女好きで、彼の女遊びは常にマスコミの格好のゴシップネタだった。遊び相手の一人ミーンから妊娠を告白されたケンは、お腹の子は自分と関係ないと、彼女を無常にも捨ててしまう。そのあと人気女優のブロイと恋におちたケンは、彼女との結婚を真剣に考えるようになる。そんななか、彼の遊び相手だった女性たちが次々と不可解で無残な死を遂げていく。なぜだか、いつも誰かが自分を見張っている気がする…。そんなノイローゼに陥ったケンは、彼のエージェントであるニミに進められるまま、郊外のビーチハウスでバカンスを過ごすのだが、すでに魔の手はブロイにも迫ってきていた…。

1203motokano09.jpg

~ 【  】
こんな男はどこにでもいると思うのですが…これでここまで恨まれちゃうと大変ですね…。でも、軽はずみに言ってはいけない言葉って言うのもあるものです。それにしても、プロイやボウに何の罪があるのでしょう?他の女性は可哀相過ぎます。胎児のシーンからミーンの自殺の仕方は壮絶で決して死ぬってことが綺麗なことでは無いと言っているようでした。大好きなタイホラーですけど、これはそこまでタイっぽくなく普通の感じがしたのが残念でした。一番驚いたのが最初の結婚式のシーンのドーン!で、それも人形って…(笑)。

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。