ホラーな映画は好きですか さ行

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サリー死霊と戯れる少女

2012年 アメリカ 86分
192484364.jpg

監督・脚本…パット・ホールデン

サリー…ターシャ・コナー
ジェニー…ケイト・アシュフィールド
レン…スティーヴン・ウォディントン
リタ…アンドレア・ロウ


恐怖が、少女を大人にする――

イギリス、ヨークシャー州。サリーは両親とともに新しい家へと引っ越してくる。念願のマイホームを手に入れて喜ぶ両親を尻目に、サリーの気分はすぐれない。彼女だけが、新居に漂う不穏な気配を感じていた。そんな中、徐々に異変が起こり始める。 霊の仕業としか言いようのない怪奇現象を前に、誰もが霊の存在を認めざるをえなくなるのだが、マイホームに執着する両親は引っ越しを考えるどころか、霊の存在をネタに金儲けをすることを思いつく。そのうちにサリーは、霊がかつてその地に住んでいた少女であることを知り、その少女と交流するようになっていく。しかし、霊となった少女の死には忌まわしい秘密が隠されており、それはやがて恐るべき最悪の事態を招くことになるのだが・・・。

192484354.jpg

~【  】
一応実話に基づいて作られたと言うことですが、そう言った振れ込みの映画って、面白いもの皆無ですよね。分かってはいても吊られて鑑賞したわけですが、実話に基づいてってところがミソなのでしょうか、サリー役の少女そして友達共にフツー…綺麗でも可愛くもない…オバケの出方も地味…実話って事に拘れば、ある意味リアリティーはあります。それでも意味の分からない両親のせいでゴーストハウスに住み続けドタバタと過ぎる前半、謎解きの後半と、まるで監督が変わったとも思えるようなカラーの違いは楽しめましたし、1970年代イギリスの感じも良かったです。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

スーサイド・ショップ

2012年 フランス/カナダ/ベルギー 79分
34871_02_l.jpg

監督・脚本…パトリス・ルコント

ミシマ…ベルナール・アラヌ
ルクレス…イザベル・スパッド
アラン…ケイシー・モッテ・クライン
マリリン…イザベル・ジアニ


そこには“ステキ”な人生がまっている

世の中が絶望の空気に覆われ自殺者が後を絶たない都会で、唯一繁盛していたのが、ネガティブ思考のトゥヴァシュ一家が営む自殺専門用品店だった。そんなトゥヴァシュ家に男の子が生まれ、アランと名付けて育てられるが、アランは家族全員と正反対の無邪気で明るい性格だった。両親の必死の教育にもかかわらず、健やかでポジティブな少年へと成長したアランは、店の商品を「自殺できない用品」に変えていってしまう。

sub6_large.jpg

~【  】
「髪結いの亭主」のパトリス・ルコント監督が自身初のアニメーション作品として、フランスでベストセラーとなったジャン・トゥーレの小説「ようこそ、自殺用品店へ」を映画化した作品です。暗く希望の無い世界で、自殺志望者ばかりが溢れる世の中、自殺用品の専門店があり、毒や刀、首吊り用の縄などが売られています。なんだか観点が面白いですよね。店主の名前はミシマ、そして日の丸の鉢巻きや腹切り、なんて言葉も出てきます。…これって日本人がモデルですよね…。短い作品なので、サラッと観れます。たまにはアニメも如何ですか?


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

サスペリア2

1975年 イタリア 106分
b0310011_16262822.jpg


監督…ダリオ・アルジェント
脚本…ダリオ・アルジェント・ベルナルディーノ・ザッポーニ

マーカス・デリー…デヴィッド・ヘミングス
ジャンナ・ブレッチィ…ダリア・ニコロディ
カルロ…ガブリエレ・ラヴィア
ヘルガ・ウルマン…マーシャ・メリル


お願いです!決してひとりでは見ないで下さい

テレパシー能力の持主であるヘルガがアパートで何者かに襲われ殺されるという事件がおきる。ヘルガの部屋からの悲鳴を聞いてかけつけた上階に住む音楽家のマークは、不気味な絵画が並んだ廊下の先にヘルガの遺体を見つけ、また茶色のコートを着た容疑者を目撃する。マークは若い女新聞記者ジャンナと共に謎の犯人像に迫るが……。

05282345.jpg

~【 】
サスペリアが日本でヒットした為この邦題がついたのですが、監督がアルジェントだと言うだけで、繋がりは全くありません。そもそも、こちらの映画の方が古い作品です。本当にいい加減ですね“2”って、そしてこのキャッチコピー…。この作品は私的には「サスペリア」より好きな作品です。ただ、アルジェント独特の世界観で慣れない人は薄っぺらい推理物と言う印象を持つ方も多いと思います。でも、アルジェントの作品は何度も見るとジワジワくる面白さがあるんです。素人目から見ると無駄とも思えるカメラワークなんか本当に面白い。音楽は勿論ゴブリンです。

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ


サスペリア

1977年 イタリア 99分
ee215fef.jpg

監督・脚本…ダリオ・アルジェント

スージー・バニオン…ジェシカ・ハーパー
タナー…アリダ・ヴァリ
マダム・ブラン…ジョーン・ベネット
サラ… ステファニア・カッシーニ

決して、とりでは見ないでください――

アメリカ人少女スージーがドイツの名門バレエ学校にやってくる。着いた当夜、学校から駆け出す生徒を目撃するが、その少女と彼女の友人はその直後殺されてしまった。翌日、めまいに襲われたスージーは練習中に倒れ、起きた時には荷物も運ばれ、そのまま強引に寮生活をさせられる事に・・・屋根裏で大量発生するウジ虫、カーテンの向こうで不気味なイビキをかきながら寝ている姿を見せない校長の影、そして連続する殺人事件・・・、毎夜校舎の中のいずこかへと消えていく教師たちにはどんな秘密があるのだろう? ある夜、決心したスージーは教師たちの足音を数えてその後を追い、秘密の部屋の奥深くへと進んで行く・・・。

0529040.jpg

~【 】
公開当初は子供だったのでCMの予告編だけでも怖かったのを覚えています。キャッチコピーも話題になりました。要所要所に観客がギョっとするようなシーンをいい感じに散りばめているところなんて、やるな~アルジェント、と思わずにはいられません。うるさいくらいに入ってくるゴブリンの音楽も派手な色彩も、本当にスタイリッシュ!怖さやドキドキはそれほど望めませんが、それでもやはり名作の一本です。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ


人類滅亡計画書

2012年 韓国 113分
5723bddf0c3f3200968a030ad081cde6.jpg

監督…キム・ジウン/イム・ピルソン
脚本… キム・ジウン/イム・ピルソン/ヤン・ジュンギュ/パク・スンファン

トゥオン…キム・ガンウ
ユン・ソグ… リュ・スンボム
キム・ユミン…コ・ジュニ
パク・ミソン…チン・ジヒ/ペ・ドゥナ


ゾンビ、アンドロイド、隕石 - 人類は三度滅ぶ。

第1話「素晴らしい新世界」――ソグの家族は、兵役を終えたばかりの彼だけ置き去りにして海外旅行へ行ってしまう。独り残されたソグは、お見合いに行くのを急ぐため、分別をせずにゴミを廃棄して出掛ける。 その後すぐ、ソウルにゾンビが大量発生。マスコミは血眼になり、ゾンビの原因となったウイルスの感染源を探すのだが・・

第2話「天上の被造物」――人間に代わってロボットが労働に従事する近未来。仏教寺院のロボットが悟りを開き説法の境地にまで達してしまう。人類の脅威とみなして解体しようとするロボットメーカー、URインターナショナル側と、ロボットを師と仰ぐ僧侶たちが争いを始める。

第3話「ハッピー・バースデイ」――父親のお気に入りのビリヤードのボールを壊してしまったミソンが、怪しげなウェブサイトに新しいボールを注文する。その2年後、テレビのニュースで謎の惑星があとわずかで地球に衝突すると流れ、ミソンの家族は地下の核シェルターへ非難する。 その惑星はどうやらミソンが注文したボールのようで何とか返品をしようとするが・・・。

20240608139.jpg  bibaha.jpg


~【   】
「ラストスタンド」「悪魔を見た」のキム・ジウン監督と「南極日誌」のイム・ピルソン監督が、それぞれ人類滅亡をテーマに描いた3つのエピソードで成るオムニバスです。2話はそこそこ面白く観れましたが、3話は学生映画を見せられているようでしたし、1話に至ってはリアルに汚い映像が多く、俳優のせいもあるでしょうが、あんなに気持ち悪いキスシーンを見せられたのも初めてです。狙いなのかもしれませんが本当に品のない作品で最後も消化不良な終わり方、牛のシーンはビクッとしましたけど…。あ、3話には銀河鉄道999の車掌さんらしき人?が出てきます(笑)


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。