ホラーな映画は好きですか デモンズ2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デモンズ2

1986年 イタリア 90分
demons2.jpg

監督…ランベルト・バーヴァ
脚本…ダリオ・アルジェント/ランベルト・バーヴァ
     フランコ・フェリーニ/ダルダーノ・サケッティ

ジョージ…デヴィッド・ナイト
サリー…コラリーナ・カタルディ・タッソーニ
ハンク…ボビー・ローデス
ハンナ…ナンシー・ブリッリ


恐怖のデモンズ大復活!!!

完全オートロック制で警備員が常駐するセキュリティがしっかりした高層マンション。地下には最新の機器がそろったトレーニングジムが入っており多くの人が汗を流している。マンションの10階では、そこに住むサリーの16歳の誕生日を祝おうと友人達が集まり、盛り上がっていた。サリーの両親は娘の誕生パーティの為外食中。しかし主役のサリーは衣装が決まらずイライラしていた。おまけに嫌っているジェイコブの訪問を男友達が勝手に了承してしまい、サリーのイライラは最高潮に達する。サリーは一人別室にこもり、デモンズを若者4人が復活させると言う内容のテレビを見始めてしまう。

t02200131_0448026610996591522.jpg

~ 【
私、後に発売されたDVDボックスを購入したほど好きな映画なんですよね~。デモンズは“6”まであるのですが“3”からは日本の配給会社が勝手に付けた物で、正式なデモンズはこの“2”で終わりです。見てもらえれば全く違う作品だとは分ると思いますが“3”以降は腹が立つほど面白くありません。このデモンズは前作と同じく、細かいことを考えずにただ娯楽として楽しんで観てもらいたいです。デモンズになってからの笑わせてる?とも思える怖さとのギリギリの凄い顔が(笑)何度観ても飽きません。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL

トラックバック一覧

デモンズ2

『デモンズ2』  DEMONS2 【製作年度】1986年 【製作国】イタリア 【監督】ランベルト・バーバー 【出演】 デビット・ナイト/ナンシー・ブリリ/コラリーナ・カタルディ・タッソ

こわいものみたさ | 2013.06.18

コメント一覧

ざわぞん

2013.04.21

編集

『デモンズ3』、『デモンズ4』、それと『デモンズ95'』の監督ミケーレ・ソアヴィというのは、デモンズ1・2の監督ランベルト・バーヴァと同じく、ダリオ・アルジェントの弟子の1人らしいです。

娯楽的なホラーを作ったバーヴァに対して、ソアヴィはアルジェントと同じく、映像を重視して作品を作っているようで。

アルジェントの愛弟子で「天才」らしいですが、やはり考え方がブッ飛び過ぎると、一般人ウケはしないようですね。

ワタシもデモンズは1と2の方が単純で好きです。

シャロン

2013.04.22

編集

ぞわほんさん

私は元々難しいものが苦手なので、単純に楽しませてくれるものが好みです。

そうなんですよね、監督通しの繋がりがあるんです。
だから同じ題を付けたのかもしれませんが、そんなことをするからかえって評価が低くなるんですよね、日本の配給会社に問題があると思います。

全く違う映画として紹介されていたら私ももう少し高い評価をしたかもしれません。

ミカ

2013.05.31

編集

デモンズ1・2が良いですね・・

正統は2までとか聞いた事が有ります。
大概2以降は不人気作品になりやすいのですが、このシリーズは好きですね。
3・4・95の作品は見た事が有りません・・
デモンズ2000だったか・・
それは観ました・・
デモンズ1では、緑色液体口から流し、デモンズ2では、血液が強酸って・・エイリアンじゃあるまいし・・
映画館と高層ビル・・やはり・・
密室でのデモンズ変化はワクワクします・・
確かデモンズ1では、気を失ったり、発狂するとデモンズになるとか・・
その路線2では見当たらないのはガッカリ・・

シャロン

2013.05.31

編集

ミカさん

初コメありがとうございます。

“1”は発狂…覚えがないです(汗)
仮面でつけた傷痕からデモンズになって…気…失ったんでしたっけ?
もう一度見直さなきゃ!

私は全部観ましたが、やはり正式な続編の“2”までですね。

2017.03.14

編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

ウェブサイトURL

パスワード:

非公開コメント

管理人にのみ表示

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。