ホラーな映画は好きですか チャイルドプレイ チャッキーの種

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャイルドプレイ チャッキーの種

2004年 アメリカ  87分
0506chucky_1.jpg

監督・脚本・キャラクター創造 :ドン・マンシーニ

チャッキー…ブラッド・ドゥーリフ
ティファニー…ジェニファー・ティリー
ジェニファー・ティリー…本人
レッドマン…本人


チャッキーファミリー大暴走!

ハリウッドでは、殺戮人形チャッキー&ティファニーをモデルにした都市伝説の映画化が進んでいた。そこにイギリスからチャッキー2世がやって来る。親子対面の感動も醒めぬうちに、チャッキーは2世を男の子だと言ってグレンと名づけ、ティファニーは女の子だと言い張りグレンダと名づける。わが子の教育方針をめぐって対立した2人は、壮絶なバトルを開始する。さらに女優ジェニファー・ティリー(実名で登場)も巻き込んで、話はトンデモナイ展開を迎えることに…。

imageCAE8T4SJ.jpg

~ 【  】
チャイルド・プレイ5作目にあたるこの「チャッキーの種」は前作のティファニーの出産から続いています。人形がセックスして出産した「チャッキーの花嫁」もかなり笑えましたが、今回はその上をいっています。産まれた子供は下半身の大事なところが作られていなく(人形ですから)そしてチック症候群(人形なのに)メイド・イン・ジャパンの印で、自分は日本人だと思い込んでいます(笑)ここまでくると怖さは全く無く、ただのパロディーですが、でも嫌いな作品ではありません。ヤッターマンでドロンボー頑張れ…と思ってしまったような、アンパンマンでバイキンマン勝たないかな…と思ったときのような…何故か子供と3人で仲良く暮らして欲しいとチャッキーたちを応援してしまった映画です(笑)でも、ハッピーエンド?とは簡単にいきません。血は争えない…蛙の子は蛙ってことかな。。。

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

ウェブサイトURL

パスワード:

非公開コメント

管理人にのみ表示

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。