ホラーな映画は好きですか THREE 臨死

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THREE 臨死

2002年 韓国/タイ/香港
threeposter_HK.jpg

韓国、タイ、香港の3人の監督による“死の向こう側にあるもの”というテーマで描いた3つのオムニバスストーリー。DVD発売のさいに題名が「THREE 死への扉」に変わっています。

向こう側には何があるのか



     メモリーズ(韓国)  監督…キム・ジウン

妻…キム・ヘス
夫…ジャン・ポン

three201.jpg

ある日突然、何の痕跡も遺さず消えてしまった妻。夫は、夢と幻覚に悩まされ、彼女に不吉なことが起こったことを確信する。一方、妻の方は見知らぬ路上で目を覚ましますが、記憶が失われ、自分が誰かも思い出せない。途方に暮れ、ふと鏡を見ると死体のように黒ずんだ顔をした自分がいた…。



     ホイール(タイ)  監督…ノンスィー・ニミブット

ジーン…スィニット・パンジャマワット
ナン…サヴァカ・カンチャナマス

three202.jpg

“フン”は美しい人形によって演じられるタイの伝統芸能。ある一家のみに、その技術は堅く守られ、その伝統を盗もうとする者は人形に呪われる…。貧しい青年は、偶然“フン”の人形を手に入れ、呪いを恐れずその演者となり富を得る。しかし彼の健康は著しく毒されていき、一族の人間も病に倒れ始める。



     ゴーイング・ホーム(香港)  監督…ピーター・チャン

ユー…レオン・ライ
ウェイ…エリック・ツァン
ハイヤ…ユージニア・ユアン

1251443654_3.jpg

警官チャン・ワイが8歳の息子ジョンと引っ越してきた共同住宅には、ユー・ファイという不気味な男とその幼い娘がひっそりと暮らしていた。ある日、ジョンが行方不明になった。ユーを疑ったチャンが彼の部屋に踏み込むと、すでに死んでいるユーの妻がバスタブに浸かっていた…。


~ 【  】
それぞれの国民性、お国柄の出ている映画です。特にタイの「ホイール」は独特で少し理解しがたく入り込みにくかったです。韓国の「メモリーズ」は分りやすかったのですが、あまりにストレートでオチがバレバレ…それでも時間が短いせいで詰まらなさは感じませんでした。私個人としては香港の「ゴーイング・ホーム」が一番面白かったかな、ホラーというよりはラブストーリーになってましたが、途中出てくる赤い服の女の子との繋がりなど、切ない作品です。ですが香港映画なのでコメディーを感じさせる演技は健在で怖さは0…なのが少し残念でした。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

ウェブサイトURL

パスワード:

非公開コメント

管理人にのみ表示

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。