ホラーな映画は好きですか ダークウォーター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダークウォーター

2005年 アメリカ 105分
img55e1fb50zik4zj.jpg

監督…ウォルター・サレス
脚本…ラファエル・イグレシアス

ダリア…ジェニファー・コネリー
セシリア…アリエル・ゲイド
マレー…ジョン・C・ライリー
ブラッツァー…ティム・ロス


なぜ、この部屋だけが――。

雨に曇るニューヨークの外れにあるルーズベルト島。離婚調停中のダリアは6歳の娘セシリアを連れて古びたアパートへ引っ越してきた。娘との新たな生活を何としても守りたいと願うダリアだが、次々と不気味な現象にみまわれていく…。寝室の天井で日ごとに大きくなる黒い染み、誰もいないはずの上階から聞こえてくる物音、そして見えない“友達”と話し始めるセシリア…。何か怪しく、謎めいていた管理人と不動産業者はまったく頼りにならず、ダリアは次第に精神的にも追い詰められていくが、これは更なる恐怖への“入り口”にしかすぎなかった…。

98dc1620a7262447c3b9941dcf649682.jpg

~ 【 】
『仄暗い水の底から』のハリウッドリメイク版ですね。最初に脚本家に求められたのが、東洋的な要素を消すことだったと言います。そこがオリジナル版とは違う印象を与え、嫌だと言う意見も聞きますが、何よりリアリティーを重視し、セットも嫌った監督にとっては大事なことだったようです。いかにも…のセット感を無くすため、アパートはエレベーターから廊下、部屋と全てのセットが繋がるように、ほぼアパートが丸々あるような巨大セットが組まれました。特殊効果も殆んど無く、仕掛けで脅かすようなホラーではありません。ですが、母親役のジェニファーが精神的に追い込まれていく演技はセリフが少なく難しいのにとても良いです。子役のアリエル・ゲイドもジェニファーに似ていて可愛く本当の親子のようでした。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL

トラックバック一覧

コメント一覧

とら

2013.03.11

編集

No title

私も、ハリウッドリメイク悪くないと思いました。

へー、そんな巨大セットを組んでいたんですね。
その効果はバッチリですねぇ。

この映画は、親子愛がメインテーマ。
そこもちゃんと表現できていましたし、良かったと思います。

(この映画レビュー書いてないなぁ~)

シャロン

2013.03.12

編集

とらさん

え~~

まだ書いてないんですか?

映画、次々に出てくるから過去の書いてると追いつきませんよね(汗)

クロツ大尉

2013.03.23

編集

ジェニファー・コネリー

ジェニファー・コネリーが子持ちの役をするようになったんやなぁ… とついついアホな事を考えてしまいました。それにしてもティム・ロスって仕事選ばないのにも感心します… ジュゼッペ・トルナトーレ監督の「海の上のピアニスト」が良すぎたからかな?

シャロン

2013.03.24

編集

クロツ大尉さん

仕事を選ばないのも、ある意味プロってことなのかもしれませんね。

色々な作品に出てるみたいですが、どれも観た事がありません(笑)

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

ウェブサイトURL

パスワード:

非公開コメント

管理人にのみ表示

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。