ホラーな映画は好きですか エクソシスト ビギニング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エクソシスト ビギニング

2004年 アメリカ 114分
ekusobigi.jpg

監督…レニー・ハーリン
脚本…ウィリアム・ウィッシャー/アレクシ・ホーリー

メリン神父…ステラン・スカルスガルド
フランシス神父…ジェームズ・ダーシー
サラ…ノヴァック:イザベラ・スコルプコ
ジョセフ…レミー・スウィーニー


あの事件から25年…すでに悪魔は蘇っていた。

第二次世界大戦末期。メリン神父は悪魔のような事件を境に、神への信仰を捨ててしまう。3年後、彼は考古学の知論を見込まれ、アフリカの教会遺跡発掘に派遣される。その砂の中に埋もれていた教会は、バチカンのどの文にも載っていない“存在するはずの無い教会”であった…。やがて教会の周辺で次々に起こる悲惨な事件。その全ての原因が教会地下にあるとみたメリン神父は闇へと下がって行く。そこで強大な姿を現したのは悪魔、バズズだった!メリン神父は再び聖衣に身を包み、戦いを挑んでいく…!!

bugininngu5.jpg


~ 【 】
『エクソシスト』の25年前の出来事に遡って若き日のメリン神父が主役として描かれています。エピソード0ってことだと思うのですが、メリン神父って『エクソシスト』最後に少し出てきてすぐに死んじゃいますよね、“2”に至っては登場もしていない…でも、主役はメリン神父だったんですね(笑)。この映画3人監督が変わっていまして、これを撮ったのはレニー・ハーリン、なのでアクション色のあるホラーに仕上がっていて、オカルト色は薄くなっています。降板させられ、ほぼ撮り終えていたと言うポール・シュレイダー版も観たいところです。悪魔祓いの対象が『エクソシスト』のようにハッキリしていなく誰だか分らないところは捻りを加えた感じですが『エクソシスト』に続く布石は打ってあり、悪魔の乗り移った顔もリーガンを思い出させますし、スパダーウォークも健在です。あまり多くを期待しなければ『エクソシスト』ファンでも楽しめる映画だと思います。

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL

トラックバック一覧

コメント一覧

クロツ大尉

2013.03.11

編集

レニー・ハーリン(>_<)

レニー・ハーリンでエクソシストをやるって聞いた時に『やっちゃったな…』と思いました(笑) ハリウッド史上最高額のシナリオの権利を買って映画化されたロングキス・グッバイ、カットスロート・アイランドの度重なる失敗(2つの映画の主演をした奥さんのジーナ・デイヴィスとの離婚のおまけ付き!)でハリウッドから干されてましたからね。「ダイハード2」みたいなトンデモ映画が代表作のおバカ監督にエクソシストを撮らせたヤツは誰なんだよ… といいながら見てましたね。やっぱりその後のレニー・ハーリンはハリウッドから完全に干されるんですから(笑) できないなら引き受けなきゃ良いのに… ルーカスなんてSWしか撮れないし撮らないから巨匠でいられるんだから

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

ウェブサイトURL

パスワード:

非公開コメント

管理人にのみ表示

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。