ホラーな映画は好きですか シルク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シルク

2006年 台湾 108分
sub1_large.jpg

監督・脚本…スー・チャオピン

葉起東…チャン・チェン
橋本良晴…江口洋介
社家…カリーナ・ラム
守仁…チェン・ボーリン


死霊と目を合わせてはいけない…

天才物理学者の橋本は、さまざまな電磁波を吸収可能な“メンジャー・スポンジ”を発明する。その後彼は台北で研究班を組織し、世界で初めて廃虚の団地の一室で少年の幽霊を閉じ込めることに成功する。しかし、捕獲した少年の霊は近寄るものたちを次々に死に追いやってしまう。彼はまったく見当がつかない少年の過去を探るため敏腕刑事イエ・チートンに調査を依頼する。並外れた動体視力と読唇術を持つイエは、少年の目と目の間から細い糸が出ていることに気づくが…。

20091024_1189342.jpg

~ 【  】
ストーリー説明だけで期待もしないで観始めたのですが、いきなり灰皿でガンっ!って地味~に痛そうな始まり方で引き込まれました(笑)。江口洋介の役は別に彼じゃなくてもよかった感じですが、チャン・チェンは二枚目だし、チェン・ボーリンは相変わらずキュートで目の保養になりました。『ヘルレイザー』に出てくるキューブのような“メンジャー・スポンジ”と言うのが凄いものらしいのですが、それよりも誰も不思議と注目しない目にかけると霊が見えると言うスプレーの方が私は欲しかったです。台湾映画なのに殆んどが日本語ということも手伝って『呪怨』を感じさせるジャパニーズホラーっぽい映画だと思います。遺体を引きずって、ズルっと残るシーンは一人で「おぉ~~」って言ってました(笑)私は結構面白く観れた映画です。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL

トラックバック一覧

コメント一覧

クロツ大尉

2013.03.05

編集

シルク姐さん

この映画より女芸人のシルク姐さんの方がある意味怖いかも(笑)

シャロン

2013.03.06

編集

クロツ大尉さん

シルク姐さん怖いかな・・・?

クロツ大尉

2013.03.07

編集

シルク姐さんって24歳年下の彼氏とかいましたからね… それにあの美容にかける執念は怖いですよ

シャロン

2013.03.07

編集

クロツ大尉さん

そっか~そういうのって怖いって思われちゃうんですね…
私は普通の感覚でした。

クロツ大尉

2013.03.07

編集

非常階段

シルク姐さんって非常階段ってコンビを組んでた時なダサダサ具合を知ってるからですよ(笑)

シャロン

2013.03.08

編集

クロツ大尉さん

そんな時代があるなら、余計今がいいと思っちゃいます。

変わることは悪いことではないですから。

今、きっと楽しいんじゃないでしょうか。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

ウェブサイトURL

パスワード:

非公開コメント

管理人にのみ表示

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。