ホラーな映画は好きですか デッド・サイレンス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デッド・サイレンス

2007年 アメリカ 89分
17333_01_l.jpg

監督…ジェームズ・ワン
脚本…リー・ワネル

ジェイミー・シェン…ライアン・クワンテン
エドワード・アーシェン…ボブ・ガントン
エラ・アーシェン…アンバー・ヴァレッタ
リプトン刑事…ドニー・ウォルバーグ


叫んだら、死ぬ!?

ある夜、自宅で舌を切り取られた妻の惨殺死体を発見したジェイミー。彼は警察から妻殺しの疑惑をかけられたため、自ら真相究明に乗り出すことに。事件の直前に届いた差出人不明の腹話術人形に不振を抱いた彼は、人形ケースから自分の故郷レイブンズ・フェアの名を見つける。この街には昔から女腹話術師メアリー・ショウにまつわる恐ろしい詩が伝えられていた。この詩の真意を探るため、故郷に向った彼は、絶縁状態にあった父エドワードと、その再婚相手エラに会う。だが、ふたりから有力な情報は得られず、古くからの住人たちも固く口を閉ざしていた。ジェイミーは、ますます不可解な謎にのめりこんでいく…。

061114473b6afc36b41da39f010f8786.jpg

~ 【   】
監督はソウのジェームズ・ワンです。彼は人形好きですね~なにかトラウマでもあるのでしょうか?人形が怖いという人はよくいますが、私はどうも人形モノに怖さを感じなくて(リアル人形をコレクションしていたほどなので)なので皆さんがこの映画の怖い場面としてあげる100体人形勢揃いシーンもなんともなかったんですよね…それなら舌を抜かれて死んでる人の顔の方がよっぽどツボだった。女腹話術師のメアリー・ショウが死んで子供のいなかった彼女は人形100体と一緒に埋葬されます。何故彼女は死んだのか?最後にサプライズも隠れている映画でした。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

ウェブサイトURL

パスワード:

非公開コメント

管理人にのみ表示

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。