ホラーな映画は好きですか 私の生きる肌

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の生きる肌

2011 スペイン 120分
hada.jpg

監督…ペドロ・アルモドバル
脚本…ペデロ・アルモドバル/アグスティン・アルモドバル

ロベル・レガル…アントニオ・バラデラス
ベラ・ルクス…エレナ・アヤナ
マリリア…マリサ・パレデス
ビセンテ…ジャン・コルネット


あなたは、これを愛と呼べるか

人工皮膚の開発の権威で、世界的な形成外科医のロベル。その邸宅の一室にはベラという若い女性が幽閉されていた。食事の世話をするのは、初老のメイドのマリリア。ロベルは亡くなった妻を救えるはずだった“肌”を創造するために、“ある人物”を監禁して実験台にし、亡き妻そっくりの“ベラ”として創り上げていたのだった。ある日、音信不通だったマリリアの息子のセカがやってくる。その事から、屋敷に住む3人の関係に変化が訪れる。

THE20SKIN20I20LIVE20IN.jpg

~ 【 】
予備知識なしに観た方がいいと聞いたので、評価もレビューも観ずに鑑賞しました。肌色の全身タイツを着せられ監禁されているベラ…なぜ?意味も分らず話は進みます。外科医ロベルトの異常なまでの執着心…意外な展開……とても面白い映画でした。女性を美しく撮ることに長けていると言われているアルモドバル監督だけに、ベラが本当に綺麗で西洋人特有のシミやそばかすが一つ無い肌は見ていて羨ましい(あったら話しにならないんですが)衣装はデザイナーのジャン=ポール・ゴルチェが担当、部屋などもモダンで鮮麗されています。映画賞はノミネートだけで14、受賞も6と高評価の映画です。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL

トラックバック一覧

コメント一覧

クロツ大尉

2013.02.18

編集

アントニオ・バンデラス

しかし、アントニオ・バンデラスは濃いですね、顔が… それに顔がでかいです、ヒロインの顔の小ささを引き立てる為にキャスティングしたような(笑) 似たような話のボクシング・ヘレナの方がヤバさは上のような?

シャロン

2013.02.19

編集

クロツ大尉さん

一昔前の二枚目の顔って言う感じでしょうか。
あまり見ていなかったのか、顔の大きさ気になりませんでした。

ただやってる姿は気持悪かったです(笑)

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

ウェブサイトURL

パスワード:

非公開コメント

管理人にのみ表示

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。