ホラーな映画は好きですか インプリント ぼっけぇ、きょうてぇ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インプリント ぼっけぇ、きょうてぇ

2005 アメリカ  63分    
20090629_833084.jpg

監督 :三池崇史
脚本 :天願大介

女…工藤夕貴
クリストファー…ビリー・ドラゴ
小桃…美知枝
内儀…根岸季衣


おんなのきょうてぇ夢を見る

おそらく、日本の明治時代のある地方……アメリカ人文筆家のクリスは、愛する優しい日本人女性・小桃の行方を求め、日本各地を放浪していた。彼が川の中にある浮島の遊郭を訪れると、客引きを全くせず、薄暗い部屋の奥で座っている、妖しい雰囲気の女郎が気になり一夜を過ごすことになった、その女と話すうち、顔面の右側が上部に引っぱられるように歪んでいる彼女の醜い素顔を初めて知る。、彼女は哀しい眼をしながら、「ウチの顔、ぼっけえ、きょうてえ(岡山地方の方言で、とても怖いという意味)じゃろ……でも、ウチのアソコはしまりがいいと評判なんじゃ」と優しく話しかけてくる。やがて女は自らの悲惨な生い立ちのことを語りつつ、クリスが探す小桃のことを話し始めた。小桃を知っているのだ。女郎として売られ、この遊郭にやってきた小桃は、愛する男が、「きっと迎えにくる」との約束を信じ、ひたすら待っていたという。そして、ある日、小桃は自殺してしまった。それを聞かされたクリスは、激しく落ち込んでしまう。だが、その話しは果たして真実なのだろうか? まだ怖ろしい夜は、始まったばかりであった……。

20090629_833082.jpg

~ 【 】
13人の監督がテレビ用に作ったホラー「マスター・オブ・ホラー」で、日本の代表として選ばれたのが三池監督。そして、選んだ作品は岩井志麻子原作のこの「ぼっけぇ、きょうてぇ」です。岩井志麻子ってホラー作家、私知らなかったんですけど、この映画に出てるんですよ「針をさす女」で、それが素人には思えない狂気さで、メイクも手伝ってはいますがエキセントリックでとっても怖いです。フリーク、近親相姦、拷問シーンと子供は見ちゃダメのテンコ盛りなので、アメリカでは放送禁止(笑)WAWWAWでも拷問シーンは一部カットでした。、この映画は、ホラーの中でも好きな人と嫌いな人が両極端に別れる映画なんじゃないかな…最後まで観れなかったなんて声も聞くので、キワモノが好きな人は試してみるのもいいかも。ちなみに映像は衣装をはじめ、とっても綺麗です。

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

ウェブサイトURL

パスワード:

非公開コメント

管理人にのみ表示

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。