ホラーな映画は好きですか 悪い種子

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪い種子

1956年 アメリカ 129分
bad.jpg

監督…マーヴィン・ルロイ
脚本…ジョン・リー・メイヒン

クリスティーン…ナンシー・ケリー
ローダ…パティ・マコーマック
リロイ…ヘンリー・ジョーンズ
モニカ…イヴリン・ヴァーデン


おそるべき殺人狂の遺伝子!!

クリスティーンとケネスの間には、ローダという8歳の娘がいた。ある日ローダの学校でピクニックが行われている最中、少年が古桟橋から落ちて溺死をしてしまう。誰もが事故だと思っていたが、少年の額に打傷がある事や、ペン習字で貰った金メダルが失われていること、更にローダが事件の直前、少年と一緒にいたことが明らかになると、クリスティーンは我が子を疑い始める。そんな折、クリスティーンがローダの机を探してみると、そこには問題の金メダルが。

20091231_1327384.jpg

~【 】
1985年に「死の天使レイチェル」としてリメイクもされている映画です。リメイクは原作と同じ結末ですが、こちらは違う結末が待っています。元々舞台劇で、ブロードウェイで300回以上上演された作品であり、そのキャストをほとんどそのまま起用しているので役者の役の入り方が素晴らしく、子役のパティを始め、演じていると言うより、そのままリアルにその人物のようです。子供の邪悪さを書いた映画は色々ありますが、この「悪い種子」はその中でも筆頭をいっている作品ではないでしょうか。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ



関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL

トラックバック一覧

コメント一覧

晴雨堂ミカエル

2014.08.14

編集

金字塔ですね。

 筆頭というより金字塔ですね。金字塔ゆえにその後の作品に影響を与えていきます。

 似たような作品が日本にもあったような。秋吉久美子が少女に疑惑を抱く役で、ラストのオチは少女は「被害者」として助けられ、主人公は「加害者」として精神病院の独房に監禁される。

シャロン

2014.08.18

編集

晴雨堂ミカエルさん

秋吉久美子の出ている映画ですか…
全然分からないです。
面白そうですね、ちょっと調べてみようかな。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

ウェブサイトURL

パスワード:

非公開コメント

管理人にのみ表示

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。