ホラーな映画は好きですか シタデル CITADEL

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シタデル CITADEL

2012年 アイルランド/イギリス 85分
Kotaku_201211_citadel.jpg

監督・脚本…キアラン・フォイ

トミー…アナイリン・バーナード
牧師… ジェームズ・コスモ
ダニー…ジェイク・ウィルソン
マリー…ウンミ・モサク


奴らはお前の恐怖を嗅ぎ分ける

故障によりエレベーターに閉じこめられたトミーは、そのドアのガラス越しに、妊娠中の愛妻ジョアンが謎の集団に襲われる現場を目撃する。それ以来ジョアンは昏睡状態に陥るが、彼女の胎内にいた娘は無事に生まれ、エルサと名付けられた。事件以来、精神のバランスを崩し外出恐怖症を抱えるトミーは、見知らぬ神父から謎の集団がエルサを追っていると告げられる。盲目の少年の助けを借り、トミーは謎の集団がいるというアパートに向かうのだが…。

Kotaku_201211_citadel_2.jpg

~【  】
奥さんが襲われたことで、広場恐怖症(アゴラフォビア)と言う症状に陥ってしまうトミー、監督がギャングに襲われた時になったと言う経験かららしいのですが、その演技のオドオド感が半端ないです。そんな感じでベビーカーを押してたりするものですから、世界一哀れな父親と言う感じで見ていられません。最初からずっと激しい挙動不審状態の演技に地味な展開で、前半はかなり退屈…。何もしてくれない警察に、ゴーストタウンと化した街、終始暗さが前面に出ている作品でした。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ




関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL

トラックバック一覧

コメント一覧

アイリッシュ映画

 ホラー映画では他に「ミート・オブ・ザ・デッド」を観た程度ですが、一般作を含め独特の暗さがあります。冬のどんよりとした空模様のような。

 アイリッシュ映画で思い出しましたが、アイルランドで初の映画館を建てた中心人物が小説家ジェームズ・ジョイスで、日本でも彼の小説の翻訳本が出ています。代表作の一つ「ダブリン市民」もなんかどんより暗いイメージです。

シャロン

2014.07.27

編集

晴雨堂ミカエルさん

アイルランド産の作品ではお決まりの暗さなんですね。

それが良い結果を生むことも勿論あるでしょうけど、自分の気持ちが滅入ってるときなんかは、観る気がおきなさそうです(笑)

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

ウェブサイトURL

パスワード:

非公開コメント

管理人にのみ表示

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。