ホラーな映画は好きですか ラスト・エクソシズム2 悪魔の籠愛

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラスト・エクソシズム2 悪魔の籠愛

2013年 アメリカ 89分
71y++8EIu4L__AA1280_.jpg

監督…エド・ガス=ドネリー
脚本…デイミアン・チャゼル/エド・ガス=ドネリー

ネル…アシュリー・ベル
グウェン…ジュリア・ガーナー
クリス…スペンサー・トリート・クラーク
ルイス…ルイス・ハーサム


あの“魔物”から、誰も逃げることはできない・・・

悪魔に取り憑かれた壮絶な過去を持つ17歳の少女ネル。心の傷を癒すため療養施設に入所した彼女は、同年代の若者たちとも仲良くなり、充実した毎日を過ごしはじめていた。ところが、彼女の周囲で不可解な出来事が次々と起こるように。さらに自分の除霊映像が動画サイトに投稿されているのを見たネルは、再び悪魔ばらいの儀式を受けることを決意するが……。

713faMNkcDL__AA1280_.jpg

~【  】
悪魔に好かれて妊娠したネルのその後…から始まります。怖さは正直言って全くありません。やはり日本人は悪魔だとか言われるより、怨霊系の方が恐怖を感じますね。ストーリー的にも特にひねりはありませんし、死んだはずの父親の何がしたいのか分からない登場には、?でしたが、この映画の見所はネル役のアシュリー・ベルの演技だと思います。シシー・スペイシクのキャリーを思わせるようなおどおどした感じから恐怖の表現、好きな男性が出来たときの女の子の可愛さ、演技力のある女優さんですね。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL

トラックバック一覧

コメント一覧

悪魔には性的なものがありますから。

 ダリル・アルジェント監督はインタビューで、恐怖にはエロチシズムがあると発言しています。
 実際、脳科学では恐怖で動揺する感情と性的にときめく感情は同じ興奮をつかさどる脳の感情野らしい。
 また、悪魔には少女の純潔を奪う性倒錯の要素が昔からあります。魔女たちの集まりの「サバト」は乱交です。

 日本の怨霊はそういう意味では純粋にプラトニックな恐怖ですね。

シャロン

2014.07.24

編集

晴雨堂ミカエルさん

確かに恐怖やグロテスクなものにはエロチシズムを感じますね。
だから惹かれる…と言うのもあるんでしょう。

ただ私個人としては、夜一人で寝れな~い!的な物が欲しいです。
ま…今更ないんですけどね(笑)

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

ウェブサイトURL

パスワード:

非公開コメント

管理人にのみ表示

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。