ホラーな映画は好きですか 呪い村436

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呪い村436

2006年 カナダ/アメリカ 92分
popu1.jpg

監督…ミシェル・マックスウェル・マクラーレン
脚本…マイケル・キングストン

スティーヴ…ジェレミー・シスト
ミルドレッド…スーザン・ケルソ
グリーバー博士…デヴィッド・フォックス
ボビー…フレッド・ダースト

436人しか存在してはいけない村…

一見、平穏で静かな村ロックウェル・フォールズ。そこへある日、国勢調査局員のスティーヴが人口調査で訪れる。そして彼は、保安官助手ボビーの協力を得て調査を進めていくうち、村の人口が何年も436人のまま変動していないことに気付く。さらに調査すると、村は何故かその人口数を保つため、一人産まれたり新しい住居人が来ると、その生け贄として代わりに誰かが命を落とす、という驚愕の事実を知るのだった。早速ここから逃げ出そうと試みるスティーヴ。しかし、逃げ場は閉ざされ、呪いの恐怖へ引きずり込まれていく…。

polulation436_5.jpg

~【  】
村全体がキ〇ガイの集まり的な映画は「マニアック2000」や「インブリッド」等ありますが、他の娯楽や殺人を楽しむ為にしている村の話ではなく、この呪い村の住人は皆一見善良な住人で、人数を436人にしておかなければいけないと言うこと以外、まるで普通の人達なんです。最初はカルト的な思い込みとも思われた人数合わせですが、いなくなったり死んだ分だけ、他からやってきたり産まれたりする。帳尻合わせが上手く出来ているところを見ると、本当に呪われてる村のなのでしょうか。派手さはありませんが、意外に面白い映画でした。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL

トラックバック一覧

コメント一覧

「ホット・ファズ」なんかもその手口ですね。

 一目で異常だと判るステレオタイプの空間から、一見すると穏やかで平和な世界、というのが近頃の流行りですね。

 この作品もカナダ。カナダ産が非常に多い。
 カナダで思い出しましたが、シャンプーのラックスのCMに近頃出ているニーナ・ドブレフ嬢もブルガリア系カナダ人です。彼女もB級ホラーのヒロインなどを演じながら人気を獲得してきました。

シャロン

2014.06.27

編集

晴雨ミカエルさん

あのシャンプーのCM見ると、ユーティクルでツヤッツヤの髪になりそうで、騙されて買いそうになります(笑)

綺麗な人だな~とは思ってましたが、モデルさんだと思ってました。ホラー出てたんですね…知らなかった。。。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

ウェブサイトURL

パスワード:

非公開コメント

管理人にのみ表示

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。