ホラーな映画は好きですか 東海道四谷怪談(1959)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海道四谷怪談(1959)

1959年 日本 76分
FilmArchive552imageja.jpg

監督…中川信夫
脚本…大貫正義/石川義寛

民谷伊右衛門…天知茂
お岩…若杉嘉津子
仲間直助…江見俊太郎
お袖…北沢典子


怪奇幻影

民谷伊右衛門は、お岩との仲をさかれたのを恨みに思い、その父四谷左門と、彼の友人佐藤彦兵衛を手にかけた。これを目撃した仲間直助は、弱味につけこんで伊右衛門を脅迫するようになる。伊右衛門と直助は左門・彦兵衛殺しを他人の仕業と見せかけ、仇討と称し、お岩と妹のお袖、お袖の許婚者で彦兵衛の息子与茂七の三人をつれて江戸に向けて発つが、その道すがら、お袖に想いをよせる直助は、伊右衛門に与茂七を白糸の滝につき落させる。江戸に着いたある日、伊右衛門は無頼の徒から伊藤喜兵衛親娘を救ったが、それが縁でお梅は伊右衛門に心をよせるようになる。その誘惑と、喜兵衛の家に入り金と立身出世への夢が伊右衛門を動かし、彼はお岩殺害を決意した――。

20091206_688707.jpg

~【 】
「四谷怪談」の最高峰と言われる作品です。画面一コマ一コマが芸術作品のようで、とても引き込まれます。作りすぎたCGや特殊メイクは無くても、お岩のおどろおどろしさには静かな怖さがあり、これぞ日本の怪談!と言う感じでしょうか。部屋の中が沼地に変わって、それがまた部屋に戻ったり、この時代どうやって撮ったのだろうかと考えてしまうそんな見所も満載です。この当時の名前の知れている有名人などは出演していませんし、小さな映画会社で予算も低予算な作品ですが、それがまた功を奏している気がします。暑い日本の夏にピッタリの怪談です。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL

トラックバック一覧

コメント一覧

シャロン氏は本当にホラーが好きなんですね。

 天地茂といえば、私の世代では土曜ワイド劇場の明智小五郎シリーズで演じた探偵明智や、初期の「大岡越前」で与力神山左門のイメージが強いですが、本作の大百カツラのほうがよく似あいます。

 お岩さんは17世紀前半に実在した武家の女性らしいですね。当初は怨霊伝説などなく、良妻賢母で有名な彼女を讃えて実家田宮家の屋敷内にあった神社をお岩稲荷と呼ぶようになったようで、怪談とは程遠いキャラだったようです。
 
 怪談にしたのはお岩の時代から200年後の劇作家鶴屋南北ですが、伊右衛門は鶴屋自身ではないかとの噂があります。

シャロン

2014.06.25

編集

晴雨ミカエルさん

はい、ホラー映画大好きです。
ただ、あまり誰にも分かってもらえない寂しさはあります。
別に自分が好きなんだからいいや~と言ってはいても、やっぱり…ってことで、このサイトを作りました。
最初から好きな人しか来ない場所ですから。

お岩さんには色々な言われがあるんですね~
ただの良妻賢母だったのなら、今の自分の言われ方どう思っているんでしょ?(笑)

天草茂は私これでしか見たことないんです。
調べたら54歳で亡くなってるんですね、それなのに凄い沢山の映画に出ていました。
映画全盛期の時代だったんでしょうね。

天地茂で驚いてはいけません。

 50年代から60年代にかけてが邦画全盛期で、今とは桁違いの制作本数です。映画がクランクアップしたらすぐ次の作品へクランクインだけでなく、ここでは主演やりながら他で脇役やエキストラで出演など。今の香川照之みたいなスケジュールの俳優が何十人もいた訳です。

 眠狂四郎で有名な市川雷蔵なんか、37歳で黄泉の客となるまでに160本ほどの映画に出演しています。しかも本職は映画ではなく歌舞伎ですから。現代では有り得ない物凄い数です。

 70年代に入って、テレビに圧され多くの映画俳優が活動の場をテレビドラマへとシフトしていきました。天地茂もその一人です。

シャロン

2014.06.27

編集

晴雨ミカエルさん

凄い…
でも、そんなスケジュールだから37歳なんて若さで召されてしまったんじゃないですか?
自分でも、今何を演じてるか分からなくなるんじゃないでしょうかねぇ。。。

テレビの方が手軽でお金も掛りませんから、以降していってしまうはもっともですが、寂しいですね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

ウェブサイトURL

パスワード:

非公開コメント

管理人にのみ表示

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。