ホラーな映画は好きですか スーサイド・ショップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーサイド・ショップ

2012年 フランス/カナダ/ベルギー 79分
34871_02_l.jpg

監督・脚本…パトリス・ルコント

ミシマ…ベルナール・アラヌ
ルクレス…イザベル・スパッド
アラン…ケイシー・モッテ・クライン
マリリン…イザベル・ジアニ


そこには“ステキ”な人生がまっている

世の中が絶望の空気に覆われ自殺者が後を絶たない都会で、唯一繁盛していたのが、ネガティブ思考のトゥヴァシュ一家が営む自殺専門用品店だった。そんなトゥヴァシュ家に男の子が生まれ、アランと名付けて育てられるが、アランは家族全員と正反対の無邪気で明るい性格だった。両親の必死の教育にもかかわらず、健やかでポジティブな少年へと成長したアランは、店の商品を「自殺できない用品」に変えていってしまう。

sub6_large.jpg

~【  】
「髪結いの亭主」のパトリス・ルコント監督が自身初のアニメーション作品として、フランスでベストセラーとなったジャン・トゥーレの小説「ようこそ、自殺用品店へ」を映画化した作品です。暗く希望の無い世界で、自殺志望者ばかりが溢れる世の中、自殺用品の専門店があり、毒や刀、首吊り用の縄などが売られています。なんだか観点が面白いですよね。店主の名前はミシマ、そして日の丸の鉢巻きや腹切り、なんて言葉も出てきます。…これって日本人がモデルですよね…。短い作品なので、サラッと観れます。たまにはアニメも如何ですか?


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

ウェブサイトURL

パスワード:

非公開コメント

管理人にのみ表示

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。