ホラーな映画は好きですか 人類滅亡計画書

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人類滅亡計画書

2012年 韓国 113分
5723bddf0c3f3200968a030ad081cde6.jpg

監督…キム・ジウン/イム・ピルソン
脚本… キム・ジウン/イム・ピルソン/ヤン・ジュンギュ/パク・スンファン

トゥオン…キム・ガンウ
ユン・ソグ… リュ・スンボム
キム・ユミン…コ・ジュニ
パク・ミソン…チン・ジヒ/ペ・ドゥナ


ゾンビ、アンドロイド、隕石 - 人類は三度滅ぶ。

第1話「素晴らしい新世界」――ソグの家族は、兵役を終えたばかりの彼だけ置き去りにして海外旅行へ行ってしまう。独り残されたソグは、お見合いに行くのを急ぐため、分別をせずにゴミを廃棄して出掛ける。 その後すぐ、ソウルにゾンビが大量発生。マスコミは血眼になり、ゾンビの原因となったウイルスの感染源を探すのだが・・

第2話「天上の被造物」――人間に代わってロボットが労働に従事する近未来。仏教寺院のロボットが悟りを開き説法の境地にまで達してしまう。人類の脅威とみなして解体しようとするロボットメーカー、URインターナショナル側と、ロボットを師と仰ぐ僧侶たちが争いを始める。

第3話「ハッピー・バースデイ」――父親のお気に入りのビリヤードのボールを壊してしまったミソンが、怪しげなウェブサイトに新しいボールを注文する。その2年後、テレビのニュースで謎の惑星があとわずかで地球に衝突すると流れ、ミソンの家族は地下の核シェルターへ非難する。 その惑星はどうやらミソンが注文したボールのようで何とか返品をしようとするが・・・。

20240608139.jpg  bibaha.jpg


~【   】
「ラストスタンド」「悪魔を見た」のキム・ジウン監督と「南極日誌」のイム・ピルソン監督が、それぞれ人類滅亡をテーマに描いた3つのエピソードで成るオムニバスです。2話はそこそこ面白く観れましたが、3話は学生映画を見せられているようでしたし、1話に至ってはリアルに汚い映像が多く、俳優のせいもあるでしょうが、あんなに気持ち悪いキスシーンを見せられたのも初めてです。狙いなのかもしれませんが本当に品のない作品で最後も消化不良な終わり方、牛のシーンはビクッとしましたけど…。あ、3話には銀河鉄道999の車掌さんらしき人?が出てきます(笑)


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

ウェブサイトURL

パスワード:

非公開コメント

管理人にのみ表示

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。