ホラーな映画は好きですか ウォーム・ボディーズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォーム・ボディーズ

2013年 アメリカ 98分
uxo-mubodxe-2.jpg

監督・脚本…ジョナサン・レヴィン

R …ニコラス・ホルト
ジュリー・グリジオ…テリーサ・パーマー
M …ロブ・コードリー
ペリー・ケルヴィン…デイヴ・フランコ


世界の終わりに、恋が襲ってきた

謎のウィルスにより人類の半分がゾンビ化した世界で、生き残った人々は高い壁を築いて武装し、ゾンビから身を守りながら生活していた。廃墟となった空港に暮らすゾンビのRは、ある日、壁の外に食糧を調達しにきた人間たちを襲撃するが、ショットガンを構えた少女ジュリーに一目ぼれしてしまう。Rはジュリーを自分の住まいに連れ帰り、当初は戸惑っていたジュリーも、Rの優しさに次第に心を開いていくが……。

uxo-mubodexi-zu5.jpg

~【 】
アイザック・マリオンの小説「ウォーム・ボディーズ ゾンビRの物語」を実写化した、ホラーコメディーです。この映画かなり面白いです。食べるために襲った女の子に恋をしちゃう展開もそうですが(笑)主人公Rの不器用で真面目なゾンビっぽくない性格や、出てくるゾンビたちもどこかオチャメで可愛いくて、笑えるところも沢山、最後まで楽しく観れました。ゾンビ映画なのに、ラストもハッピーエンドで後味がとてもいい作品です。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL

トラックバック一覧

コメント一覧

No title

 この映画はけっこう感動モノです。生きた人間が徐々にゾンビ化する映画はたくさんありますが、これはゾンビから徐々に生きた人間に復帰する珍しい展開です。

 人間に戻れた現象を目の当たりにするヒロインの父親役のマルコビッチの驚きの顔が魅力的でした。

シャロン

2014.06.22

編集

晴雨堂ミカエルさん

そうですね、ゾンビになる映画は沢山ありますが、これは反対ですもんね。

発想としては簡単なのに、ないですよね~こういう展開。
楽しい映画でした。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

ウェブサイトURL

パスワード:

非公開コメント

管理人にのみ表示

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。