ホラーな映画は好きですか デイ・アフター・トゥモロー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デイ・アフター・トゥモロー

2004年 アメリカ 124分
img_552308_4499813_0.jpg

監督…ローランド・エメリッヒ
脚本…ローランド・エメリッヒ/ジェフリー・ナックマノフ

ジャック・ホール…デニス・クエイド
サム・ホール…ジェイク・ギレンホール
ラプソン教授…イアン・ホルム
ローラ…エミー・ロッサム


あなたはその時 どこにいますか?

二酸化炭素の大量排出は依然として止まるところを知らず、それに伴う温暖化は日に日に深刻さを増していた。南極の氷河を研究する古代気象学者のジャック・ホール教授は、自らの調査結果から地球の危機を予見、科学者を集め緊急会合を開き地球規模の“スーパー・ストーム”が出現すると警告する。やがてそれは現実となり、巨大な竜巻がLAを襲い、一方のニューヨークでは巨大な高波が街を呑み込もうとしていた。そこには、仲間たちと高校生学力競技大会に来ていたジャックの息子サムもいた。ジャックはできるだけ多くの人命を助けるため、そしてニューヨークで立ち往生したサムを救い出すため奔走するのだったが…。

img_64917_18471910_4.jpg

~ 【
地球温暖化により地球崩壊を描いたパニック映画です。大きな波がビルの間を埋めるように襲うシーンや、強烈な温度低下で走るように建物や人を凍らせていく場面など、衝撃的で見所も沢山あります。ハラハラできましたし、最後まで飽きずに観れたので、面白い映画だったとは思うのですが…。観終わった後、少し引っかかったのは沢山出た犠牲者のことです。これだけの大事件なので相当数の人間が当然亡くなっているのですが、その辺りにはあまり触れられていなく、ラストも個人的な親子愛だけで片付いてしまっていたようで、いきなりスケールが小さくなったような…。親子愛はそれだけ大きいってことなんでしょうか…ね。。。



にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL

トラックバック一覧

コメント一覧

クロツ大尉

2013.09.08

編集

ローランド・エメリッヒ監督

ローランドエメリッヒ監督ってだけで偏差値30からでもわかる科学の常識を超越したバカ映画ってのが決定したようなもんですね(笑) デニス・クエイドも久しぶりに名前を見たと思ったら何やってんだかな????って感じです

シャロン

2013.09.10

編集

クロツ大尉さん

デニスは馬鹿な父親役って感じで頑張ってました。
自分の子供のために、犠牲にしたものが多すぎて…折角の再開もなんだかな~って、全部で喜べないストーリーでした。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

ウェブサイトURL

パスワード:

非公開コメント

管理人にのみ表示

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。