ホラーな映画は好きですか ベビー・ルーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベビー・ルーム

2006年 スペイン 77分
bced3459a00c68d1da3751c4d3ae07b9.jpg

監督…アレックス・デ・ラ・イグレシア
脚本…ホルヘ・ゲリカエチェバァリア

フアン…ハビエル・グティエレス
ソニア…レオノール・ワトリング
サンチョ・グラシア
テレール・パベス


……ベビールームに誰かいる…!

スポーツ新聞記者のフアンが買った家は高級住宅街の一画にありながらリーズナブルな値段であった。古い屋敷で修繕が必要だったが、妻のソニアと赤ん坊の顔を見ていれば自分の手で家を直していくのもローンも苦ではない。ソニアも幸せすぎて怖いくらいだと言う。姉テレサが出産・引越祝いとしてくれたいろいろなおさがりの一つに「赤ちゃん音声モニター」があった。夫婦の寝室においた受信機から、子供部屋に一人でいる赤ん坊の笑い声が聞こえてくる。フアンが受信機に耳を近づけたとたん、男の低く太い声が聞こえてきた。

71651_cf5ddd.jpg

~ 【  】
スパニッシュホラー・プロジェクトとして作られた6作品の中の一つです。オープニングはとても奇妙なアニメーションから始まります。モニター越しにのみ見える何か…また見えるのは夫のフアンだけという設定もよかったですし、モニターに映る世界にビクっとさせられたり、どのキャラも個性があり、77分という短い時間のせいもありますが、最後まで飽きずに観ることができました。、ただ怖さが折角いい感じまで持っていってくれてるのに、もう一つ足りないんです。面白いシーンがあっただけに、少し勿体無い感じの残る作品でした。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

ウェブサイトURL

パスワード:

非公開コメント

管理人にのみ表示

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。