ホラーな映画は好きですか フランケンシュタイン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランケンシュタイン

1994年 アメリカ/イギリス/日本
20100905_683660.jpg

監督…ケネス・ブラナー
脚本…ステフ・レイディ/フランク・ダラボン

クリーチャー/片足の男…ロバート・デ・ニーロ
ヴィクター・フランケンシュタイン…ケネス・ブラナー
ヘンリー…トム・ハルス
エリザベス…ヘレナ・ボナム=カーター


愛もなく、なぜ造った

ヴィクター・フランケンシュタインは、裕福な父や美しい母に囲まれ何不自由ない生活を送っていたが、母は弟の出産の際に死に、彼は生命のはかなさを呪う。ヴィクターは科学の道に進み、永遠の生命の発見を心に誓い、生命創造の研究に没頭する。彼は同じく学会で異端視されてきたウォルドマン教授に弟子入りするが、折しも街にはコレラが蔓延しており、教授も医者として診察に当たっていたが、治療に来た一本足の男と口論となり、刺殺されてしまう。彼は教授の残したノートを手掛かりに実験を進め、絞首刑に処せられた片足の男の死体を手に入れ、ほかの死体から切断した足と繋ぎ合わせ、稲妻を利用した電気ショックを与えた――。

fraimg1.jpg

~ 【  】
フランケンシュタインは、数多く映画にされている題材の一つですが、この作品はその中でも、トップに数えることのできる映画だと思います。人造人間がただ暴れるだけの単純な映画ではなく、クリーチャーが登場するのに切なく悲しい物語になっているからです。ホラーでありながら怖さが無くても名作と言われる泣けるホラー映画、特殊ですよね。脚本の良さは勿論ですが、名俳優と言われるロバート・デニーロは、ここでも素晴らしい演技をしてくれています。そして、監督のケネス・ブラナーが自らフランケンシュタイン博士を演じています。ホラーが苦手の方にもオススメできる一本です。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL

トラックバック一覧

コメント一覧

面白そうです

こんばんは。

シャロンさんの記事を読んでまず思ったのは、観たい!ということでした。
クリーチャー系ホラー×切ない、って名作が多いイメージがイメージがあります。
もの悲しさが際立つからでしょうか?
クリーチャー系で切なくて泣ける、題材はフランケンシュタイン、確かに珍しい組み合わせだと思います。
ロバート・デ・ニーロのホラーも珍しい気がします。(私が知らないだけだったらすみません;)
ホラーが苦手でもお勧め、ということなのでレンタルで見つけたら借りてみようと思います^^

シャロン

2013.08.02

編集

篠雨はついさん

クリーチャー系はもの悲しさが際立つ、確かにそうですね。

怪物もので片付けられることの多いフランケンシュタインですからね、珍しいと思います。

ホラー嫌いの方でも観れると私は思うのですが、多少グロいシーンもあるので、「うわっ!」って思われたら、すみません!

クロツ大尉

2013.08.02

編集

確かに

フランケンシュタインといえばボリス・カーロフが演じたクリーチャーのイメージが強いですがコレは原作に忠実にしたのとデニーロが毎日4時間がかりでメークした甲斐があった作品ですよね、ボリス・カーロフのクリーチャーのイメージが定着する前のヤツってビックリするくらいセンスないですから。しかし、ボリス・カーロフのヤツも偶然知り合った少女を池に投げ込んで溺死させるシーンだけが見所なんですけどね

シャロン

2013.08.04

編集

クロツ大尉さん

あのメイクは4時間掛るんですね、確かに引き攣れた感じなど、良くできていました。

ボリスのフランケンシュタインで頭のない力だけの存在として定着しちゃったように思います。

クロツ大尉

2013.09.02

編集

ダメ押しは

ダメ押しはやっぱり怪物くんのフランケンですかね??「フンガー」しか言えないし(笑)

シャロン

2013.09.07

編集

クロツ大尉さん

まぁ・・・あれはあれで、良しとして。。。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

ウェブサイトURL

パスワード:

非公開コメント

管理人にのみ表示

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。