ホラーな映画は好きですか ブラックスワン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラックスワン

2010年 アメリカ 108分
swan.jpg

監督…ダーレン・アロノフスキー
脚本…マーク・ヘイマン/アンドレス・ハインツ
    ジョン・J・マクローリン

ニナ・セイヤーズ…ナタリー・ポートマン
トマ・ルロイ…ヴァンサン・カッセル
リリー…ミラ・キュニス
エリカ・セイヤーズ…バーバラ・ハーシー


純白の野心は、やがて漆黒の狂気に変わる…

ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナは、元ダンサーの母親の期待を一身に背負い、バレエに全てを捧げて厳しいレッスンに励む日々。そんな彼女に、バレエ人生最大のチャンスが訪れる。長年バレエ団の象徴的存在だったプリマ・バレリーナ、ベスの引退を受け、新作の『白鳥の湖』のプリマにニナが抜擢されたのだ。しかし、白鳥の湖では純真な白鳥役と同時に、奔放で邪悪な黒鳥役も演じなければならない。優等生タイプのニナにとって、魔性の黒鳥を踊れるかが大きな試練として立ちはだかる。対照的に、官能的にして大胆不敵な踊りで、芸術監督のルロイに理想的な黒鳥と言わしめた新人ダンサーのリリー。彼女の台頭によって、不安と焦りが極限まで高まってしまうニナだったが…。

blackswan7.jpg

~ 【 】
この監督は毎回予算に苦しむ…という印象がありますが、今回も希望予算の半分でつくられたこの「ブラックスワン」。おかげでナタリー・ポートマンはバレエのレッスン料を自分で払い、途中からトレーラーも自分で引き取ったという話です。自腹で払ってまでレッスンをしたせいか、バレエシーンは素晴らしく、勿論CG合成もありますし、カメラワークで上半身だけを追いかけるなど、力量をカバーする映し方はあったにせよ、ダイエットしてダンサーボディーに変貌した体は本当に美しい。精神状態から見えるものが違って見えたり、体から変なものが生えてきたり、メンヘラダンサーの出来事と、簡単に片付けられてしまいそうなシーンも独特で見入ってしまいます。芸術作品とも言える一本です。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL

トラックバック一覧

コメント一覧

クロツ大尉

2013.07.13

編集

好きですね

レオンの時のネ申少女がこの作品でオスカー獲ったって事でも感慨深いですが精神的に追い込まれていきダークサイドに落ちていくまでの流れは息がつまりそうなテンションでしたね。
黒いチュチュ姿なんてベタな演出も勢いで押し切ってましたし。 たぶん前作のミッキー・ロークの「レスラー」で超低予算でオスカーを獲りかけたせいで予算をケチられたんでしょうか?

シャロン

2013.07.14

編集

クロツ大尉さん

そうですね、堕ちていく過程での葛藤、子供っぽさを脱するために、男性と寝てみたり、慣れない様子でオナ〇ーをするシーンなどとてもリアルに感じました。

私も黒いチュチュ子供のころ着てみたかったですよ、白より憧れました。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

ウェブサイトURL

パスワード:

非公開コメント

管理人にのみ表示

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。