ホラーな映画は好きですか アザーズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アザーズ

2002年 アメリカ/フランス/スペイン 104分
88d694c9cc68d7a291548c868792e72c.jpg

監督・脚本…アレハンドロ・アメナーバル

グレース…ニコール・キッドマン
ミセス・ミルズ…フィオヌラ・フラナガン
チャールズ…クリストファー・エクルストン
リディア…エレイン・キャシディ


光さえ届かない館で、子供達は何を見たのか?

1945年、第二次世界大戦末期のイギリス、チャネル諸島のジャージー島。グレースは、この島に建つ広大な屋敷に娘アンと息子ニコラスと3人だけで暮らしていた。夫は戦地に向かったまま未だ戻らず、今までいた使用人たちもつい最近突然いなくなってしまった。屋敷は光アレルギーの子どもたちを守るため昼間でも分厚いカーテンを閉め切り薄暗い。そこへある日、使用人になりたいという3人の訪問者が現れる。使用人の募集をしていたグレースはさっそく彼らを雇い入れるが、それ以来屋敷では奇妙な現象が次々と起こりグレースを悩ませ始める……。

b0036733_15573487.jpg

~ 【  】
トム・クルーズが製作総指揮を努めた作品です。夫の愛に恵まれず、太陽アレルギーを持ち厚いカーテンを開けることもできない大変な子供を育て、周りの世界から隔絶されたような生活を送るグレース。淋しい生活がつくり出した母親グレースはヒステリックで生身に近い。本来母親は優しい存在でかかれることが多いですが、母親も人間ですから私にはこちらの方がリアリティーがあります。舞台になった屋敷を含め映像も綺麗で、グロさもなく、ホラーが苦手な方でも鑑賞できると思います。途中でオチが分ってしまいましたが、楽しめた映画でした。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL

トラックバック一覧

コメント一覧

クロツ大尉

2013.07.22

編集

離婚前ですね

トム・クルーズがニコール・キッドマンと離婚する前の作品ですね。太陽光アレルギーはブラピのブレイクのきっかけになった『リック』(アレは日光を浴びると死ぬ設定でしたが)の方は悲壮感がありました(ホラーじゃないからアレなんですが…) しかし、この頃のニコールキッドマンはアンチエイジングのボトックスをやってないんでまだきれいな頃ですよね、顔の骨格がいかついのは相変わらずだけど

シャロン

2013.07.24

編集

クロツ大尉さん

太陽アレルギーって、案外色々な題材になってますよね。

ボトックス注射お金掛けてやって、綺麗にならないんじゃ勿体無いですね…
なんでも、やりすぎはいけませんね。。。

No title

こんばんは^^
トム・クルーズが製作総指揮とは知らなかったです。
私は幽霊系ホラー映画がとにかく怖いのですが、この映画は怖くなくて普通に映画として楽しめた覚えがあります。
ニコール・キッドマンが美人でした。
母として強くありたいけれどそうはいかない、ちょっと神経質っぽい人間臭さがいいなと思いました。
私はラストが読めなかったので観た時はびっくりしました。
すっきりハッピーな終わりではないですが、納得のいく終わり方だったと思います。

シャロン

2013.07.28

編集

篠雨はついさん

そうなんですよね、人間臭い感じの方が心理は共感しやすいですしね。

こう映画ばっかり観ていますと、疑り深くなって何か裏を探しながら観てしまったりするんです。
純粋にストーリーを追っていればオチも分からず楽しめたのに…と、思っています。

確かに最後は納得できました。モヤモヤが残らない映画はいいです。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

ウェブサイトURL

パスワード:

非公開コメント

管理人にのみ表示

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。