ホラーな映画は好きですか キャンディマン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャンディマン

1992年 アメリカ 99分
candyman-1992.jpg

監督・脚本…バーナード・ローズ

キャンディーマン…トニー・ドット
ヘレル・ライル…ヴァージニア・マドセン
トレヴァー・ライル…ザンダー・バークレー
バーニー・ウォルシュ…カシー・レモンズ

 
キャンディマン、それは口にしてはならない名前

都市伝説について研究している大学院生ヘレンは、黒人居住区に伝わる「キャンディマン」の伝説を調査してた。「キャンディマン」とは、鏡の前でその名前を5回唱えると現れ、名前を呼んだ者を右腕に取り付けた鉤爪で殺害するという、伝説の殺人鬼であった。その伝説に懐疑的だったヘレンは、面白半分に鏡の前で「キャンディマン」の名前を5回唱えてしまう。その後、彼女の周囲で奇怪な殺人事件が次々と起きるようになる。

cama3.jpg

~ 【 】
原作は『ヘルレイザー』のクライブ・バーガー、1993年アヴォリアッツ映画祭で主演女優賞、音楽賞、観客賞を受賞した作品です。題材が都市伝説なのですが、日本の都市伝説系のホラーのように子供騙しな感じではなく、ストーリーがちゃんとあり、グロさもありながら切ないラブストーリーまで織り交ぜられています。この映画、蜂が沢山出てくるのですが、全て生後12時間の蜂なのだそうです(体は成虫ですが針がまだ柔らかい)なにかあった場合のダメージを最低限にするためのようですが、トニー・ドットはこの蜂を口の中に入れるんですよね、一応は喉に入らないようにカバーを含んでいたようなのですが、それでも動いてる蜂を沢山は凄いです。それにしてもトニー・ドットの出演しているホラー映画は面白い作品が多いです。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL

トラックバック一覧

コメント一覧

No title

こんばんは!

この映画は見たことがないのですが、蜂の件、感心しました。
何かあった場合のダメージ、とは刺されたりするということでしょうか?;
いくら針が柔らかいとはいえ、何かあるかもしれない蜂との撮影や、カバーがあるとはいえ口に蜂を入れるシーンなど、考えただけでも俳優さん達は大変そうです…
改めて、ホラー映画の俳優さん達は凄い俳優魂だと思います。
動いてない蜂でも近くにいたらびっくりするのに…私には到底出来そうもないです;
沢山いたら、蜂の管理や世話も大変そうですね。

シャロン

2013.07.12

編集

篠雨はついさん

多分、ダメージとは刺されたらってことだと思います。
柔らかろうが、なんだろうが、刺されるのはいやですよね~(笑)

ホラー映画って、ウジ虫腕に乗せたりもしてますもんね、確かに俳優さんは凄いです!

クロツ大尉

2013.07.15

編集

都市伝説

都市伝説を元ネタにしてるのは偏差値貧乏でも分かる「M.I.B」シリーズ、モスマンを取り上げたリチャード・ギアのプロフェッシーなんてスカタン映画もありましたが…
キャンディマンってのもあるんですね、知らんかった(汗)

シャロン

2013.07.15

編集

クロツ大尉さん

この映画は、題材は都市伝説なんですけど、面白いですよ。

ま、お好みもあるでしょうけど、私は好きな映画です。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

ウェブサイトURL

パスワード:

非公開コメント

管理人にのみ表示

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。