ホラーな映画は好きですか ナイト・オブ・ザ・リビングデッド/死霊創世記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイト・オブ・ザ・リビングデッド/死霊創世記

1990年 アメリカ 90分
nold3.jpg

監督…トム・サヴィーニ
脚本…ジョージ・A・ロメロ

ベン…トニー・ドット
バーバラ…パトリシア・トールマン
トム…ウィリアム・バトラー
ハリー…トム・トールズ

お前の生肉が欲しい…

母親の墓参りに、郊外の墓地へ訪れたバーバラ。そこへ突如うめき声をあげた不気味なゾンビが、彼女に襲い掛かってきた。逃げ惑うバーバラは近くの家へ助けを求めるが、そこにもゾンビが!次々に増殖するゾンビたちは肉を求め、家へと近づいてくるのだった…。

naito2.jpg

~ 【 】
1968年、ジョージ・A・ロメロ監督、脚本の『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド/ゾンビの誕生』のリメイクです。カラーになって帰ってきたこのリメイクはオリジナルと同じく、肉を求めてノロノロと歩き、食べられたものはまたゾンビになり増殖していきます。“ゾンビに噛まれるとゾンビになる”この今では当たり前になっているお約束をつくったロメロって本当に凄いなと思います。内容はオリジナルに忠実に作られていますが、ヒロインのバーバラだけは当初のキャーキャー騒ぐだけの女性とは大きく変わっていて強く逞しい女性になっています。最後の頭に一発…は気持ちよかった。。。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL

トラックバック一覧

コメント一覧

ざわぞん

2013.07.08

編集

リメイク前と後を比べると、前者は唯一生き残ったベンが、ゾンビと間違われて射殺されるという救い一切ナシの終わり方でしたが、後者はバーバラが助かったりしていくらか救いのある終わり方だったかな…と思いました。

リメイク版は、娯楽映画という側面も持たせた作りなのかも知れませんね。

ちなみに私はより救いの無いオリジナル版が好きですかね。モチ、リメイク版も好きですが。

クロツ大尉

2013.07.08

編集

ロメロ監督が撮ってないのが

やっぱりロメロ監督が撮ってないって事で割り引いて見てしまいますね… しかし、ロメロ監督が「ゾンビは自分の頭ではものを考えず、企業に乗せられ、資本主義に毒されてる現代社会の暗喩と批判」とかってドヤ顔でインタビューで答えてるのもどうかと思うんですけどね???? 面白かったら良いんですけど後付でインテリぶられても違うような気がするんですけどね(汗)

シャロン

2013.07.10

編集

ぞわほんさん

そうですね、救いはある終わり方でしたね、ラストはコチラの方が私は好きでだったりします。
ロメロ監督作品て、暗い独特のムードがあるので、オリジナルのラストは、ロメロっぽいと言えばロメロっぽい。

オリジナルの方がファンが多い作品かもしれませんね。

シャロン

2013.07.10

編集

クロツ大尉さん

トム・サビーニなので、ロメロも監督を任せたのかなと思いますが、やっぱりロメロがいいですか…。

私は監督としてのトム・サビーニも好きなんですよね~

背中まるだしのゾンビがユーモラス。

 冒頭の墓地で襲われる場面で、紳士の遺体がゾンビ化して迫ってくる場面がユーモラスでした。葬儀屋の手抜きでしょうか、横たわったままで着せやすいよう背広の背中が大きくカットされている。アメリカの葬儀事情を垣間見るワンシーンです。

シャロン

2014.06.22

編集

晴雨堂ミカエルさん

そんなシーンありましたか…
ちゃんと見てなかったな~

寝てる状態で着せるから前だけなんですね。
確かに簡単ですけど、なんかね~(笑)

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

ウェブサイトURL

パスワード:

非公開コメント

管理人にのみ表示

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。