ホラーな映画は好きですか ビシター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビシター

2012年 アメリカ 83分
61bsLEXn27L.jpg

監督…トッド・レヴィン
脚本…トッド・レヴィン/ガブリエル・コーワン
   アンドリュー・オルチ/ジョン・スーツ

ジョナサン…マイクロ・ヴァンテミリア
レイチェル…サラ・パクストン
アディー…サラ・シャヒ
グレッグ…ウィリアム・メイポーザー


この先予測不可能

郊外の広い一軒家で暮らす小説家のジョナサンと妻のアディー。ふたりは幼い息子を事故で亡くしたばかりで、悲しみから立ち直れずにいた。そんなある夜、彼らの家に突然若い女性が助けを求めにやってきた。レイチェルと名乗るその女は、ガスマスクを付けた謎の男たちに追われていたのだ。ふたりは彼女を一晩匿うことになるが、謎の男たちが家に迫りくる!レイチェルが連れ去られ、ついには男たちの魔の手がふたりを脅かす。その一方で、あるはずの銃がなくなったり、車が急に動かなくなったりと不可解な現象が起こる…。果たして、ふたりは生き延びることが出来るのか!?そして男たちは何者なのかー?

bijita-2.jpg   bijita-3.jpg  ijita-1.jpg
  

~ 【  】
凄く綺麗な森の景色、その静かな中で銃弾の音が二発…、ジョナサンとレイチェルらしき2人が横たわっている…2人にいったい何があったのか?想像させる形で映画は始まります。池で溺死してしまった幼いトーマスを思い出している淋しい夫婦。そこに突然やって来たレイチェル、レイチェルの意味有り気な表情に、彼女は何者なのだろうと引き込まれます。鬼気迫る状態の中で変化していく夫婦の形も興味深かったです。“この先予測不可能”と言うほどのオチではないのですが、ボーっと鑑賞していた為、私は最後まで分らずに楽しめました(笑)。少し切ない映画です。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

ウェブサイトURL

パスワード:

非公開コメント

管理人にのみ表示

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。