ホラーな映画は好きですか 双頭の殺人鬼

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

双頭の殺人鬼

1959年 アメリカ/日本 73分
img_678853_56906032_0.jpg

監督…ジョージ・P・ブレイクストン/ケネス・G・クレイン
脚本…ウォルター・J・シェルドン

ラリー…ピーター・ダインリー
リンダ…ジェーン・ヒルトン
鈴木博士…中村哲
エミコ…武智豊子


“日米合作”による世紀のキワモノ

火山の麓、岩窟の奥の研究室。鈴木博士は美しい女助手タラを相手に、宇宙線が生物に与える作用を人工的に行う実験をしていた。研究に熱心のあまり、博士は人体実験に手をのばし、妻のえみ子を得体の知れぬ怪物に、弟の健次を獣人にしてしまった。ある日、ワールド・プレスの特派員ラリーが研究所に訪ねて来た。彼は近く妻のリンダの待つアメリカに帰ることになっていた。博士は彼をみて、絶好の実験台とばかり、彼に麻薬と魔の薬液を右肩に注射した。

iinikio.png    198776.png

~ 【   】
この時代の映画にしても、かなりの低予算作品らしいですが、そこそこ楽しんで観れました。オール日本ロケで、全編英語、日本模写がちゃんとしていて、これ中国だよね?なんて家具もないですし、着物も綺麗に着付けられていました。出てくるモンスターの姿、又エミコの顔等はとてもチープなものですが、何とも気持悪く食事の手が止まりました。双頭の殺人鬼を追う警視庁の敏腕警部役で、ジェリー・伊藤が出演していますが、今の若い人は知らないですね。。。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL

トラックバック一覧

コメント一覧

クロツ大尉

2013.06.01

編集

コレは知らんかった(汗)

コレはさすがにタイトルすら知らなかったデスね… しかもこんな時代なのに日米合作なんて。ちなみにジェリー藤尾なら知ってますけど(笑)

50年代の映画ですか!

雰囲気が出てますねぇ!

日本文化の描写も違和感なかったみたいで良かったです。
私は最近、外人が変な呪文みたいなのをボソボソ喋って「これは日本語よ」と自信満々に言っていた映画を観たばかりなので(笑)

シャロン

2013.06.03

編集

クロツ大尉さん

そうなんですよね、でもちゃんと日本人が係わったんだろうなと言うことが伝わりました。

最近は古い映画が沢山DVD発売されていて、こういった作品を観る機会も増えました。

シャロン

2013.06.03

編集

ベネディクトさん

ちょっと、その映画興味ありますね(笑)
それはそれで面白く観れますが、内容にたいしても冷めてしまうことがあるので、やはりちゃんと作って欲しいなって思います。

突っ込みどころはありますが、自分が生まれる前に作られた映画って言うのもいいです。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

ウェブサイトURL

パスワード:

非公開コメント

管理人にのみ表示

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。