ホラーな映画は好きですか フェノミナ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェノミナ

1984年 イタリア 111分
3435345.jpg

監督・脚本…ダリオ・アルジェント

ジェニファー・コルビノ…ジェニファー・コネリー
ジョン・マクレガー教授…ドナルド・プレザンス
ブルックナー…ダリア・ニコロディ
校長…ダリラ・ディ・ラッツァーロ


悲鳴をあげても、誰も助けてくれない!

チューリッヒ郊外にある寄宿制女子学校に転校してきたジェニファーは、昆虫と交信できる特異な能力の持ち主だった。一方、この都市では最近か弱い少女ばかりを標的にした連続殺人事件が起こっており、警察は高名な昆虫学者マクレガー教授に腐敗した被害者の頭部を見せ意見を求めていた。夢遊病で夜中に徘徊している最中、殺人現場に遭遇したジェニファーは、ひょんなことからマクレガー教授と親しくなる。ジェニファーは、自分の持つ能力を活かして教授と共に事件の犯人を追うことになる。だがジェニファーのルームメイトであるソフィが惨殺された上、マクレガー教授も犠牲となってしまう。そして殺人犯の魔の手は彼女にも及ぶのだった。

feno.jpg

~ 【 】
ダリオ・アルジェントですからね、音楽は勿論ゴブリン。聞くだけでテンションが上がります。虫嫌いな私には“ミミック”なんか足元にも及ばないくらいにトラウマになりそうなシーンのオンパレード、ウジ虫プールをはじめグログロシーン沢山、アルジェントらしく深い脚本が無い(笑)でも私にとっては芸術作品、大好きな映画の一つです。ダリオ・アルジェントって、登場人物に感情移入させないですよね、なので殺されてもサラっと見れるところもいい。美少女過ぎるジェニファー・コネリーは見ているだけでいいです。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL

トラックバック一覧

コメント一覧

クロツ大尉

2013.05.28

編集

やっぱり(*^◇^*)

ダリオ・アルジェンドの…というか、ジェニファー・コネリーの美しさ鑑賞する映画だという感じですね(笑)
しかし、この時のジェニファー・コネリーの美しさってなんと言ったら良いのか分からないですが怖いくらいですよね

シャロン

2013.05.28

編集

クロツ大尉さん

そうなんですよね、鼻や輪郭なんか作り物かと思うくらい。

今でも綺麗な女優さんですけど、この頃は格別です。

とら

2013.05.29

編集

No title

ほんと、虫オンパレードな作品でしたね。
蛆虫プールは、ジェニファー・コネリーよくやりました!
ダリオならでわの、美女を汚すこだわり、変態ですな(褒め言葉)

ひさびさに観たくなっちゃいました~。

シャロン

2013.05.30

編集

とらさん

私も凄く久しぶりに観ましたよ。

蛆虫プールはオガクズなどで作ったフェイクです。とありましたが、当たり前ですよね(笑)

ストライクゾーン。

 眉毛が太くて長い黒髪の女性がタイプな私にとって、この作品はアタリです。アルジェント監督はまっこと女性の美しさを引き出す名手です。

 メイキングビデオを観た事があります。佳境の腐敗汁の中に入る場面、大鋸屑やチョコレートソースで作ったらしいのですが、映像ではグロにしか見えません。そこで笑顔のジェニファが監督やカメラに向かってガッツポーズ、胸がときめきました。

 作品内容は、恐怖というより突っ込みどころ満載のギャグでした。

・ヒロインは虫使いの心優しい超能力者。→蛆虫はゲテモノ扱いで躊躇なく殺すんかい。

・ヒロインは心優しい少女。→男の子の顔が奇形だと恐怖に引きつらせて逃げるんかい。

・壁から両手が・・。→あの刑事は鎖につながれてたんじゃないんかい。

・虫たちを使って殺人鬼の男の子を倒してホッと一息のジェニファに女が襲い掛かる。→おお!あの刑事を始末したんか。こいつ強いなぁ。

シャロン

2014.06.22

編集

晴雨堂ミカエルさん

眉毛が太い黒髪ロング、ジェニファーはドストライクですね(笑)

色々な類の映画がありますが、ホラー映画って突っ込みどころは満載だと思います。
でもそんなことどうでもいいさ、って思って見れるから好きだったりします。
面白ければいいんですもんね、映画は娯楽ですから!

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

ウェブサイトURL

パスワード:

非公開コメント

管理人にのみ表示

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。