ホラーな映画は好きですか ペット・セメタリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペット・セメタリー

1989年 アメリカ 103分
20110711062912.jpg

監督…メアリー・ランバート
脚本…スティーヴン・キング

ルイス…デイル・ミッドキフ
レイチェル…デニース・クロスビー
ジャド…フレッド・グウィン
パスコー…ブラッド・グリーンクイスト


涙が出るほど悲しく怖い

レーチェルが子供たちを連れて実家に帰省していたある日、猫のチャーチルが車に轢かれて死んでしまう。まだ身近な「死」を受け入れたことのない幼い娘にどうやって説明するか悩むルイスは、詳しい事情を聞かないままジャドに連れられて、チャーチルの死体を裏山からさらに奥に分け入った丘に埋める。すると次の日、死んだはずのチャーチルが家に帰ってきた。だが、帰ってきたチャーチルは腐臭を発しヒョコヒョコ歩く、全く別な“何か”のようだった。釈然としないまま過ごしていたある日、今度は最愛の息子ゲージがチャーチルと同じように轢死してしまう。悲嘆にくれるルイスは決して超えてはいけない一線を超えてしまう。

petsem1.jpg

~ 【 】
S・キング自身、気味が悪すぎるという理由で、完成から長い間出版しないでいたといういわくつきの原作です。愛するもの、それが幼い子供だったりした場合、同じような行動にでてしまう人は少なくないかもしれませんね。本当に後味が悪いと言うか…切なくホラーでありながら泣ける映画です。ですが、好きな人も多く評価も高いですし、全く同じストーリーと言っていいほどの“2”も出ています。後半宇宙人が出てきちゃうような展開のものよりも、私もキング作品の中では好きな作品です。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL

トラックバック一覧

コメント一覧

とら

2013.05.05

編集

No title

これはほんと名作ですよね。
わが子を思うがゆえにとったルイスの行動。
しかし、わが子を2度までも死を体験させてしまう悲しさ。しかも父親から・・・。。。
名作ですね。

これリメイクなんかできてもいいような気がしますね。

シャロン

2013.05.06

編集

とらさん

リメイク、そういえばないですね、確かにあってもおかしくないです。

確実に観ますよね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

ウェブサイトURL

パスワード:

非公開コメント

管理人にのみ表示

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。