ホラーな映画は好きですか 2013年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心霊写真

2004年 タイ 97分
shutter_5.jpg

監督・脚本…パークプム・ウォンプム/バンジョン・ピサヤタナクーン

タン…アナンダ・エヴァリンハム
ジェーン…ナッターウィーラヌット・トーンミー
ネート…アチタ・シカマナ


知ってる?あれが写ったら死ぬらしいよ

友人の結婚式の帰り道、カメラマンのタンとその恋人ジェーンは、突然飛び出してきた女性を車ではねてしまう。動揺してその場から逃げ去るタンとジェーン。数日後、タンが現像した写真に、女の顔が浮かび上がる。それ以後、2人の周りで次々と恐ろしい出来事が起こり、ジェーンはひき逃げした女性の呪いだと騒ぎ出す。そこでタンはあの時の事故を調べるが、どの病院にも警察にも該当する女性がいないことが判明する。

T0004509.jpg

~ 【  】
この作品は「シャッター」として、奥菜恵出演でハリウッドリメイクされました。タイ映画が好きと言う個人的な好みもあるのですが私はコチラのオリジナルの方が好きですね。脅かせ方もバラエティーにとんでいて面白いですし、公衆トイレのシーンなど笑いもも盛り込まれていて流石タイホラーと思いました。最後のオチなどはゾンビが出てくるより怖いです。逃げることもできないんですから…。ちなみに中で使われている心霊写真は本物らしいのですが…どうなんでしょうね。。。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事
スポンサーサイト

スリープレス

2001年 イタリア 117分
sleepless4s.jpg

監督…ダリオ・アルジェント
脚本…ダリオ・アルジェント/フランコ・フェリーニ

モレッティ警部…マックス・フォン・シドー
ジャコモ…ステファノ・ディオンジ
グロリア…キアラ・カゼッリ
ロレッツオ…ロベルト・ジベッティー


もう、眠らせない。

1983年。イタリア、トリノ。市民は、若い女性ばかりを狙った悲惨な連続殺人事件に震撼していた。この日もまた、とあるアパートでひとりの若い母親が無惨に殺害される。駆けつけたモレッティ警部は、母の死体を前に呆然と立ち尽くす少年ジャコモに、「犯人は必ず見つけ出す」と誓うのだった。やがて、容疑者と目された小人の作家が変死体で発見され、事件は幕を閉じた。それから17年後、当時との関連を示す連続殺人事件が発生。既に現役を引退したモレッティと青年となったジャコモは警察とは別に二人で協力して事件の捜査に乗り出すのだったが……。

sleepless2s.jpg

~ 【 】
2001年の作品なのですが、ダリオ・アルジェントっぽさいっぱいで、70年代の映画を見せられているような良い意味で古い感じのする映画です。殺される女性の声が揃いも揃って凄まじく恐ろしくなってしまうのですが、本当にこんなことになったら周りなんて気にしてられませんから、こんな感じなんでしょうね~(笑)そして音楽は勿論ゴブリン。彼の作品はこの音楽じゃないといけません。最後まで犯人が分らない…そんな嬉しい映画でした。
でも…なんで英語なんだろ。。。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事

シャイニング

1980年 イギリス/アメリカ 143分 
img_828024_30781269_0.jpg


監督…スタンリー・キューブリック
脚本…スタンリー・キューブリック/ダイアン・ジョンソン

ジャック・トランス…ジャック・ニコルソン
ウェンディ…シェリー・デュヴァル
ダニー…ダニー・ロイド
ディック…スキャットマン・クローザース


その答えは狂気と殺人の中にある

コロラドにある伝統あるオーバールック・ホテルは冬場になると積雪のため閉店する。小説家を目指すジャック・トランスはこの期間の管理人として働くことになる。かつてこのホテルの冬季管理人だったグレイディが孤独感に耐えかねて家族を惨殺したと言う事件があったが、教職の仕事を辞め定職のないジャックにとってはまたとないチャンスだった。ホテルの閉鎖の日、従業員が引き上げ準備に追われる中、一家は住み込みで管理をするためにホテルにやってきた。例年になく深い雪につつまれたオーバールック・ホテル、トランス一家3人だけの生活が始まった。

the-shining-1980.jpg

~ 【 】
原作者スティーヴン・キングが嫌っていたことでも有名な映画で、後に原作「シャイニング」を1997年にテレビ映画として自ら製作したことも話題になりましたね。確かに原作とは大きく違うところがいくつもあり、怒るのも無理はないな…とも思うのですが、この作品が名作と言われる映画だと言うことも事実です。綺麗な映像に色彩、どんよりした怖さではなく、暗さや音楽で驚かせるのでもなく、明るい昼間の室内、抑えた音響…俳優人の演技力が重要な作品です。個人的にはウェンディ役のシェリー・デュヴァルの顔が怖かったのですが…(笑)。まだ観ていないと言う方は一度は鑑賞してみて下さい。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事

フェーズ6

2009年 アメリカ 85分
img_399593_6183783_3.jpg

監督・脚本…アレックス・パストール/ダビ・パストール

ブライアン…クリス・パイン
ダニー…ルー・テイラー・プッチ
ボビー…パイパー・ペラーボ
ケイト…エミリー・ヴァンキャンプ


生き残ることに、意味はあるのか──

致死率100%にもかかわらず、なぜか世界中に蔓延してしまった謎のウイルスによって人類滅亡目前となった終末世界。荒野を走る1台のベンツ。乗っているのは兄ブライアンと弟ダニー、それにブライアンの恋人ボビーとダニーの女友達ケイトの4人。彼らの目的は感染者との接触を避け、兄弟が子ども時代に過ごしたことのある人のいないメキシコ湾のビーチへ向かい、そこで食糧を確保しながら、感染者とウイルスが死滅するのを待つというもの。その道中、彼らは一組の父娘と出会う。しかし、娘が感染していることに気づいた一行は、すぐさまアクセルを踏み込み、父娘を置き去りにするのだったが…。

af0906a018f95abbb7cbb95fcbc485fb.jpg

~ 【  】
怖いウイルスが蔓延する話ですが、国をあげて…とか街を隔離する…とか、大規模なことは何もなく、個人的にうつされたくないから感染者から逃げる…そんな内容です。登場人物も少なく、そこまでパンデミックな感じもないので、地味~に収まっていてドキドキやハラハラ感も少ない作品でした。が、無情にも感じる行動心理やキャッチコピーの“生き残ることに、意味はあるのか”と言う言葉を考えさせられた映画でした。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事

30デイズ・ナイト

2007年 アメリカ 113分
30days.jpg

監督…デヴィッド・スレイド
脚本…スティーヴ・ナイルズ/スチュアート・ビーティー/ブライアン・ネルソン

エバン…ジョシュ・ハートネット
ステラ…メリッサ・ジョージ
マーロー…ダニー・ヒューストン
謎の男…ベン・フォスター


生き抜いてみせる――

北米最北端の地、アラスカ州バロウでは、30日間も太陽が昇らない極夜のシーズンを迎えた。その初日、この街に2人しかいない保安官で夫婦のエバンとステラは、住民たちの飼い犬数十頭が惨殺されるという不可解な事件に出くわす。さらに、突然の停電と電話が不通になる事態が発生、エバンが急いで発電所へ駆けつけると、そこには見るも無惨な管理人の死体があった。そんな中、住民たちを次々に襲い始める謎の集団。街を混乱に陥れたその正体はヴァンパイアだった。彼らは極夜の時期を見計らって街に入り込み、襲われた住民はヴァンパイアと化していく。市街へと通じる道路も鉄道もなく完全な暗闇に覆われる陸の孤島となってしまった街中で、わずかに生き残ったエバンたちは為す術なく身を潜み続けるのだが…。

tdon1-thumbnail2.jpg

~ 【
グラフィック・ノベル界で活躍するスティーヴ・ナイルズのコミックをサム・ライミがプロデュースしたサバイバルホラーです。普通映画に出てくるヴァンパイアは美男美女で、セクシーな容姿で表現されることが多いですが、ここに出てくるヴァンパイアは親玉以外は吊り目で魚のようなイヤ~な顔、変な奇声まで発します。血も“吸う”と言うよりは“喰ってる”と言う感じで、凄い速さで襲ってくるのでとても怖いです。サム・ライミなのでグロさも勿論あり、スプラッター好きの方にもオススメです。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事

デモンズ2

1986年 イタリア 90分
demons2.jpg

監督…ランベルト・バーヴァ
脚本…ダリオ・アルジェント/ランベルト・バーヴァ
     フランコ・フェリーニ/ダルダーノ・サケッティ

ジョージ…デヴィッド・ナイト
サリー…コラリーナ・カタルディ・タッソーニ
ハンク…ボビー・ローデス
ハンナ…ナンシー・ブリッリ


恐怖のデモンズ大復活!!!

完全オートロック制で警備員が常駐するセキュリティがしっかりした高層マンション。地下には最新の機器がそろったトレーニングジムが入っており多くの人が汗を流している。マンションの10階では、そこに住むサリーの16歳の誕生日を祝おうと友人達が集まり、盛り上がっていた。サリーの両親は娘の誕生パーティの為外食中。しかし主役のサリーは衣装が決まらずイライラしていた。おまけに嫌っているジェイコブの訪問を男友達が勝手に了承してしまい、サリーのイライラは最高潮に達する。サリーは一人別室にこもり、デモンズを若者4人が復活させると言う内容のテレビを見始めてしまう。

t02200131_0448026610996591522.jpg

~ 【
私、後に発売されたDVDボックスを購入したほど好きな映画なんですよね~。デモンズは“6”まであるのですが“3”からは日本の配給会社が勝手に付けた物で、正式なデモンズはこの“2”で終わりです。見てもらえれば全く違う作品だとは分ると思いますが“3”以降は腹が立つほど面白くありません。このデモンズは前作と同じく、細かいことを考えずにただ娯楽として楽しんで観てもらいたいです。デモンズになってからの笑わせてる?とも思える怖さとのギリギリの凄い顔が(笑)何度観ても飽きません。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事

UNCHAINED アンチェインド

2010年 アメリカ 88分
chain-letter-26-thumb.jpg

監督…デオン・テイラー
脚本…デオン・テイラー/マイケル・J・ペイガン

ジェシー…ニッキー・リード
マイケル…マイケル・J・ペイガン
ケヴィン…エリオット・ベンジャミン
チェインマン…マイケル・ベイリー・スミス


このメールを5人に転送しないと死ぬ

「メールを24時間以内に5人に転送しないと、お前は死ぬ」。カールソン高校に通うジェシーたちが受け取った、不気味なチェーン・メール。メッセージを無視した友達は、鎖を凶器に使う殺人鬼に次々と惨殺されてゆく。学園は恐怖に包まれるが、犯人の正体と目的は謎のままだ。ジェシーは、殺人鬼が携帯にウィルスを侵入させターゲットを監視していることを知り、それを逆用して犯人を追いつめようとする。だがその時すでに、殺人鬼の魔手はジェシーを捕えようとしていた……。

chain-letter-30-thumb.jpg

~ 【  】
今時、チェーンメールを受け取ったらって…古い!。テキサスチェンソーを思い出させる殺人鬼に、ネット社会云々も合っていない気がしました。でも、始めのプロローグも良いし、殺し方もなかなか見せてくれるんです。そっち系で携帯なんか持ち出さずに引っ張ってくれたら、もっと面白かったかもしれません。デオン・テイラー監督って私知らなかったんですけど、これからもっとゴア系で作って欲しいな。女刑事役で「ソウ」のベッツィ・ラッセルが出ています。

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事

リヴィッド

20110年 フランス 92分
livid08.jpg

監督・脚本…ジュリアン・モーリー/アレクサンドル・バスティロ

リュシー…クロエ・クルー
ウィリアム…フェリックス・モアティ
デボラ・ジェセル…マリ=クロード・ピエトラガラ
ミセス・ウィルソン…カトリーヌ・ジャコブ


哀しみの人形少女、目覚める――

フランスの小さな港町。若い女性リュシーは母の自殺のショックから立ち直ろうと訪問介護ヘルパーの仕事を始める。やがて古い豪邸を訪れた彼女は、女主人ジェセルが彼女の遺言によって昏睡状態のまま生かされ、死んだように眠り続けていることを知る。ジェセル邸には資産家だった彼女の秘密の財宝が隠されているとの噂もあり、リュシーがそのことを恋人のウィルに話すと、すぐに強盗計画へと発展してしまう。渋るリュシーだったが、結局ウィルの悪友ベンを加えた3人で決行することに。こうして、夜更けを待ってジェセル邸に忍び込むリュシーたちだが…。

20120611_france18_v.jpg

~ 【  】
「屋敷女」の監督作品ですね、なので血は期待通り沢山見せてくれます。映像は多分とても綺麗です。ですが画面が暗く、部屋を暗くして観ても分りづらかったです。登場人物や行動に分らないことが多過ぎて、終わった後も?マーク沢山です。監督にはちゃんとした意味が当然ながらあるらしいのですが、それをハッキリさせるのが嫌らしく、観てる方は消化不良…。これは細かいことを追及せずに、イメージで捉えるような観方が良いみたいです。クロエ・クルーは出産後直ぐの撮影で、先に撮った後半の方が少しポッチャリしています。予算は「屋敷女」と同じくらいの低予算(フランス映画にしてはですが)そして、やはり屋敷内の話です。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事

ボイス

2002年 韓国 100分
o0350020112298957287.jpg

監督…アン・ビョンギ
脚本…イ・ユジン/アン・ビョンギ

ジウォン…ハ・ジウォン
ホジョン…キム・ユミ
チャンフン…チェ・ウジェ
ヨンジュ…ウン・ソウ


6644―それは死を呼ぶ呪いの携帯番号…

若手ジャーナリストのジウォンは、脅迫電話に悩まされていた。親友ホジョンの勧めで携帯番号を変えるが、誰も知らないはずの番号の携帯が鳴り、偶然取ったホジョンの娘・ヨンジュの様子が豹変!。恐怖に目を見開き、全身を痙攣させて絶叫した!実は以前その番号を使用していた人たちは次々と謎の死を遂げていたのだ。再び電話が鳴り、不気味なノイズの彼方から、震える女の声がかすかに聞こえる。「お願い、愛しているなら電話に出て…」。

o0350020112298957288.jpg

~ 【 】
ビョンギ監督は、この女優さん好きなんですね、今回で二作目のコンビ作品です。この映画で話題になったのは、子役のウン・ソウちゃん、顔が怖いと評判になりました(笑)確かに整形美人ばっかりで韓国映画は誰が誰だか分からなくなってしまうところ、そのままの顔で出演しているであろうソウちゃんは目立ちます。ですが、顔だけではなく演技もそこそこ上手いと思います。父親にキスを迫るシーンなどは、6歳の子供ではなく、ちゃんと女でした。音響に拘るビョンギ監督らしく音を上手く使っていて、ちゃんと脅かせてくれますし、映像も綺麗。最後まで飽きることなく楽しめました。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事

ヒューマン・キャッチャー

2004年 アメリカ 104分

監督・脚本…ビクター・サルバ
jecrt5.jpg

ダカード…レイ・ワイズ
クリーバー…ジョナサン・ブレック
ミンクシー…ニッキー・アイコック
スコッティ…エリック・ネニンジャー


喰ってやる!喰ってやる!喰ってやる!

ある夕暮れのトウモロコシ畑。父親の農作業を手伝っていた少年ビリーは。“案山子のような何者か”に襲われ姿を消した―――。その翌日、ハイウェイ9号線。高校のバスケットチームが遠征試合を終え帰路につく途中、乗っていたスクールバスがパンクし立ち往生してしまう。次の瞬間、断末魔の叫び声とともに仲間が1人忽然と消えた…。

201212300258330e6.jpg

~ 【  】
「ジーパーズ・クリーパーズ」の続編です。製作総指揮は前作と同じ、フランシスコ・フォード・コッポラ。前作の4日後、と言う設定らしいのですが、前作を観ていなくても楽しめます。わざわざ違う題名を付けて“2”とうたってないのは前作が気に入らなかった人も観て下さい的な何かがあったのでしょうか?。内容も、今回は冒頭からモンスター出まくりで、ノリとテンポがとっても良いです。何がやりたいか分からなかった前作に対して、今回はそんなことは関係ない、ただ食べたいから襲ってる、それだけで余計な話は要りませんって感じです(笑)。やり過ぎで笑えるシーンはありますが、楽しめた作品です。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事

ドリームキャッチャー

2003年 アメリカ 134分
433365e0.jpg

監督…ローレンス・カスダン
脚本…ウィリアム・ゴールドマン/ローレンス・カスダン

カーティス大佐…モーガン・フリーマン
ヘンリー…トーマス・ジェーン
ビーヴァー…ジェイソン・リー
ジョーンジー…ダミアン・ルイス


見せてあげよう、見たことを後悔する恐怖を…。

メイン州の小さな町に住む4人の少年、ジョンジー、ヘンリー、ピート、ビーバーはある日、風変わりな少年ダディッツを助ける。4人はそのときダディッツから、彼の持っている不思議な力を分け与えられ、以後その秘密を共有することで、強い絆が結ばれる。20年後大人になった4人にとって、そのパワーは重荷として彼らにのしかかっていた。そんなある日、交通事故でジョンジーが重症を負うが、奇跡的に一命を取り留める。やがて4人は北方の森にある狩猟小屋で再開を果たす。それは彼らにとって毎年恒例の楽しいイベントのはずだったが…。

img_1141336_53094151_1.jpg

~ 【 】
スティーブン・キング原作のSFホラーアクションです。前半と後半が違う映画のような作りになっているのが特徴だと思います。キングが自分のホラー小説の映画化の中で一番の出来だと言っているだけあって、キングらしさ炸裂になる後半は興醒めの人と、やっぱりキング!と、評価は二分するのではないでしょうか?。私は前者の方なので気持的にはかなり尻ツボミ…。でも、トイレのシーンやおじさんの血まみれシーンなど面白いところも沢山あるので、楽しめた映画ではあります。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事

デビルズフォレスト 悪魔の棲む森

2012年 アメリカ 94分
2fb30ba4059835a688479257d432d335.jpg

監督・脚本…ダーレン・リン・バウズマン

リチャード…スティーヴン・モイヤー
シンシア…ミア・カーシュナー
サディアリー・マクドナルド
ダニーピーター・ダクーニャ


それは狂気か幻か、それとも…!?

リチャードは、再婚相手のシンシアと幼い息子ダニー、そして前妻との娘サディを連れ、ニュージャージーの森へキャンプに出かけた。思春期のサディとは関係がうまくいっておらず、この旅が、家族の絆を取り戻すきっかけになるはずだった。しかし彼らが足を踏み入れたのは伝説の悪魔“ニュージャージー・デビル"が棲むとされる忌まわしき森。所詮は伝説だと高を括っていたリチャードだったが、周囲では動物の変死や奇妙な物音が相次ぎ、遂には森の中で出会った青年が、謎の失踪を遂げてしまう。恐怖におののく家族の眼前で、突如何かに取り憑かれたように豹変するリチャード。その時、彼らの背後で、想像を絶するほどけたたましい、何者かの咆哮が響き渡る…。

the-barrens-097-thumb.jpg

~ 【  】
『ソウ2』~『ソウ4』のダーレン・リン・バウズマン監督作品です。狂犬病にかかっているらしい父親は、ちょっとしたことで切れるし、ワンマンで役にもたたず、なんでいるの?って突っ込みを入れたくなる存在。あんなヤキモチ妬きの旦那は嫌だな…息が詰まる。で、この父親を中心に話は進みますが、森に入ってからは急激に変貌していきます。ストーリーも俳優人も良いですし、ラストもそこそこ、ただ悪魔の姿は私的にはNGです(笑)。エンドロール後にも話は続きますので、最後までちゃんと観て下さいね。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事

夜明けのゾンビ

2011年 アメリカ 113分
original.jpg

監督・脚本…ジョン・ゲデス

エドワード…マーク・ギブソン
アイザック…アダム・セイボールド
エマ…ジョーダン・ヘイズ
イヴ…ディー・ウォーレス


“これは娯楽ではない芸術だ”

南北戦争終結から数年。死者がよみがえる謎の疫病が広がり、元南軍兵士エドワードもゾンビ化した妻子をやむなく撃ち殺すことになった。生きる希望を失って放浪する彼は、やがてアイザックという男に出会う。彼によると、敗戦した南軍のウィリアムズ将軍の一味が、この疫病を悪用するため人をさらって人体実験を行なっているという。エドワードは、一味にさらわれたというアイザックの妹エマの救出に手を貸すことになるのだが……。

20130222_288844.jpg

~ 【  】
ゾンビ映画なのですが、壮大な時代劇のような作品です。とは言っても低予算な感じはあるのですが…。時間も113分とホラー映画としては長く、大きな盛り上がりには欠けるため、ドキドキを求める方には大変つまらない映画かもしれません。ですが、低予算ながらゾンビはそれなりに出来上がっていますし、よくある大群で襲ってくるタイプとは違うゾンビなので追いかけられるのが苦手な人には安心して観れる作品かもしれません(笑)ロードムービー系が好きな人にもオススメです。「シッチェス映画祭 ファンタスティック・コレクション」の一環として上映されました。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事

スティングマータ 聖痕

1999年 アメリカ 102分
Stigmata.jpg

監督…ルパート・ウェインランド
脚本…トム・ラザラス/リック・ラメージ

フランキー…パトリシア・アークエット
アンドリュー神父…ガブリエル・バーン
枢機卿ハウスマン…ジョナサン・プライス
ドナ・チャドウェイ…ニア・ロング


明日は、あなたが“選ばれし者”となるかもしれない

ピッツバーグに住む美容師フランキーは、南米を旅した母からロザリオを贈られた。それから数日後、バスタブでくつろぐ彼女の肉体を激痛が走った。両手首には太い杭が貫通したような穴が開き、鮮血が止めどなく流れ出る――。それは<スティングマータ>の始まりであった。神の啓示なのか?それとも戒めなのか?この超常現象の調査を進めていたバチカンのアンドリュー神父は、5つ目の聖痕が現れる時が彼女にとって運命のときだと悟っていた――。

74440441.jpg

~ 【 】
この映画はガブリエル・バーンが高評価を受けてますが、私はパトリシア・アークエットが好きです。「エルム街の悪夢」から随分大人になりました。最近は「ミディアム」でエミー賞取ったりしてますけど、かなり太っちゃいましたね。映画に話を戻すと、日本人には理解しがたい内容ではありますが、テンポよく進んでいくので、飽きません。そして私はあんな痛い思いはしたくありません(笑)。深い内容のようですが、あまり考えないでも観ることは出来ます。オカルト好きの方にはオススメです。



にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事

ミミック

1998年 アメリカ 106分
83680_001.jpg

監督…ギレルモ・デル・トロ
脚本…マシュー・ロビンス/ギレルモ・デル・トロ/ジョン・セイルズ
   スティーヴン・ソダーバーグ/マシュー・グリーンバーグ

スーザン・タイラー博士…ミラ・ソルヴィノ
ピーター・マン博士…ジェレミー・ノーサム
チューイ…アレクサンダー・グッドウィン
マニー…ジャンカルロ・ジャンニーニ


遺伝子が泣き叫ぶ

次々と子供を死に至らしめる未知の伝染病がNYで発生。被害が拡大するのを防ぐため、昆虫学者スーザンは感染源であるゴキブリを全滅させるべくアリとカマキリの遺伝子を合成した新種の昆虫《ユダの血統》を生み出す。事態は収拾されたが、それから3年後、NYでは奇怪な猟奇殺人が続発していた。スーザンの元に地下鉄で発見された虫が届けられるが、それは《ユダの血統》の特徴を受け継いだ突然変異のものだった。そして調査のため地下に降り立ったスーザンの前に現れたのは、人間の姿に擬態する巨大な昆虫だった……。

img_852465_20143925_4.jpg

~ 【  】
虫が苦手な私は、一回観てから何年も封印していました。今回レビゥーを書こうと引っ張り出して来たのですが、やっぱり気持悪い…特に卵が…。ストーリーは実際にありそうな話です。遺伝子操作なんて当たり前になってきた昨今、こんなことが起こっても不思議ではありません。ただの昆虫の急激な進化には疑問は残りますが、そこは映画ですから良しとして。ただ人間に混ざって生活できるほど、疑似してません…道を歩いてたら確実に振り返ります(笑)。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事

臨死

2007年 アメリカ 111分
tumblr_mcv8djx9UA1rizcl7o1_500.jpg

監督…デヴィッド・S・ゴイヤー
脚本…ミック・デイヴィス/クリスティーン・ルーム

ニック…ジャスティン・チャットウィン
アニー…マルガリータ・レヴィエヴァ
ピート…クリス・マークエット
マーカス…アレックス・オロックリン


君はもう…存在しない――。

裕福で成績も優秀な高校生ニック。彼は、いじめられている友人を救ったことがきっかけで不良グループのリーダー、アニーに目をつけられる。そして、ある時警察へ告げ口したと勘違いされ、不良グループに暴行を受けた挙げ句、森に置き去りにされてしまう。やがて瀕死の重傷を負いながらも目覚めたニックだったが、誰も彼の存在に気付かないことから自分は幽体離脱して実の身体が臨死状態にあると知る。死が刻一刻と迫る中、助けを求められず空気のように彷徨うばかりのニック。しかし、主犯格のアニーだけは彼の気配を感じていた。こうしてニックは、良心に目覚めた彼女に全てを託すのだが…。

201301191559579aa.gif

~ 【  】
「シックス・センス」の製作スタッフが作った作品です。前半はただ青春映画を見せられてるようで失敗したかな…と、思ったのですが、ニック役のジャスティン・チャットウィンが可愛くて観続け(笑)…結果面白かったです。最近ドロドロしたものばかり観ていたので、たまにはこんな映画も良いな…と。幽体離脱しているときって物を突き抜けてしまったりするのが多いですよね、でもこの映画ではちゃんと触れるんですよ、人にぶつかったりもするんです。現物は動いてないので脳や身体の記憶なのでしょうか。最後は少し切ないラストでした。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事

友引忌(ともびき)

2000年 韓国 97年
img_583408_13479515_0.jpg

監督・脚本…アン・ビョンギ

ギョンア…ハ・ジウォン
ヘジン・…キム・ギュリ
ソネ…チェ・ジョンユン
ジョンウク…ユ・ジュンサン


今度は、あなたの大切な“友達”が…

ある日、大学院生ヘジンのもとに大学時代のサークル仲間ソネが突然訪ねてくる。ソネはアメリカに渡って以来、2年間も音信不通だった。だがこの時、ヘジンはそれ以上にソネが何かに怯えて尋常ではないことに気付く。そしてソネは何と、学生時代に投身自殺をした友達ギョンアにつきまとわれていると口にするのだった。2年前、ヘジンら仲良し6人の男女が所属する大学サークル“A Few Good men”に新入生ギョンアが参加した。しかし、それを境に彼女の周囲で不可解な出来事が頻発、サークル内の関係も狂い始めてくる。

20091128_1211393.jpg

~ 【   】
「ボイス」のアン・ビョンギ監督のデビュー作です。とは言ってもこちらは一旦お蔵入りになっており、二年経ってからの公開になっています。撮影中にスタッフが謎の怪我をしたと言う振れ込みもあって怖いと評判になったようですが、そこまで怖いシーンはありません。音響に拘る監督らしく音響演出だけに3000万円の予算を投じたとか、韓国では破格らしいです。ストーリー的には謎が多く、なぜ二年後に…そして、あのビデオは誰が…念写なのでしょうかね。ボイスと同じ、白目をむく顔は健在でした。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事

アウトブレイクライジング

2011年 アメリカ 85分
autobureiku.jpg

監督…ジョン・クラドック

ブルック…マルグリット・ミッチェル
マックス…マイケル・フローレス
スチュー…ベルナール・セタロ・クラーク
デビットソン…マーク・キアッポネ


感染の【恐怖】が、増殖する

軍が回収任務に当たっていた人工衛星が隕石の衝突により大破し、無数の欠片がシルバースプリングスの町に落ちた。司令官のクーパーは部下を引きつれ、落下した欠片の回収に向かった。その頃シルバースプリングスでは一人の男が謎の変死体で発見される。検視の結果、死体が何者かに噛みちぎられ大半を食べられている事を知らされた保安官のマックスは、町に迫る異様な事態を察するのだった…。

20130403_385571.jpg


~ 【    】
かなりチープな映画なのでウイルスに感染した人も特殊メイクなどはなく、血糊を付けただけの簡単なものです。すべてにおいて安っぽく、本来なら緊張するような場面も緊迫感はなく、ある意味ビックリです。内容がないのならキャストで…と思いますが、俳優人はオーラも存在感も感じず、ヒロインはお世辞にも綺麗ではありませんし(あくまで私の好みです)カッコいい役のはずのマックスも子供みたいな顔で男じゃない…。ご覧になるようでしたら字幕をオススメします。吹き替えもまた酷いです。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事

ドリームハウス

2011年 アメリカ 92分
20121124230538.jpg

監督…ジム・シェリダン
脚本…デヴィッド・ルーカ

ウィル…ダニエル・クレイグ
アン…ナオミ・ワッツ
リビー…レイチェル・ワイズ
ジャック…マートン・ソーカス


そこには、今も幸せな家族が暮らしているはずだった

有能な編集者だったウィルは、小説家として第二の人生を歩むべく長年勤めた会社を辞め、妻リビーと2人の娘たちとともに郊外の新居へと引っ越してくる。しかし、引っ越して早々に不審な出来事が続き、娘たちが怯えてしまう事態に。やがてこの家で、5年前に一家惨殺事件が起きていたことが判明する。一連の不気味な出来事との関連を探るため、5年前の事件について調べ始めるウィルだったが…。

343472_009.jpg

~ 【
久しぶりに、面白い作品を観ました。俳優人が豪華なのでちょっと期待して観たのですが、裏切られることなく92分が短く感じた程。中盤のネタバレで普通の映画なら終わってしまいそうなのですが、そこまで来てもまだ時間が半分近くある…いったい、どんな展開を見せてくれるのかと凄く引き込まれました。最後も泣けたな~。この映画が切欠で、ダニアエル・クレイグとレイチェル・ワイズは結婚したようですが、実生活もあんな感じなのか、羨ましいかぎりです(笑)。全てが分ってから、もう一度観なおしても面白いと思います。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事

ザ・リング

2002年 アメリカ 116分
4576496571_67b1cc2fe9.jpg

監督…ゴア・ヴァービンスキー
脚本…アーレン・クルーガー

レイチェル…ナオミ・ワッツ
ノア…マーティン・ヘンダーソン
エイダン…デイヴィッド・ドーフマン
リチャード…ブライアン・コックス


まだ誰も知らない恐怖があった

悪夢を映したような映像が流れるそのビデオテープを見た人間は誰であれ、ちょうど7日後に必ず死ぬ――まるで、どこかの街で流布されている都市伝説ででもあるかのようなその話を聞いたとき、新聞記者のレイチェルは、にわかには信じることが出来なかった。そのテープを見た4人の若者が、全員1週間後に謎の死を遂げるまでは…。レイチェルはテープの謎を突き止めるため独自に調査を開始する。そして、ついに問題のテープを見つけ出すことに成功する。が、ふとした隙に、レイチェルの幼い息子がテープの中身を見てしまうのだった…。

rinngu2.jpg

~ 【  】
『リング』のハリウッドリメイク版ですね。『リング』を観た人なら冒頭の女子高生二人のシーンや勿論テレビから…の場面など同じシーンにニヤニヤさせられるところが沢山あります。ですがストーリーは全く同じかと言うと少し違っていました。一番の違いは呪いのビデオです。ムカデや動く指、長いハシゴなど、オリジナル版には無かったものです。そのため、謎解きの経過が大きく違います。ラストも自分の父親を最後の犠牲者にして終わらせようとした『リング』の玲子に対してレイチェルは違う行動をとりました。このラストに関しては、呪いのビデオを沢山ダビングしてレンタル店に並べると言うもう一つ案があったようですが、無差別テロに通じるとボツになったようです。どちらのが良かったでしょうかね。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事

コリドー

2010年 カナダ 99分
korido-.jpg

監督…エバン・ケリー
脚本…ジョシュ・マクドナルド

タイラー…スティーブン・チェンバース
エベレット…ジェームズ・ギルバート
クリス…デビッド・パトリック=フレミング
ジム…グレン・マシューズ


そこで彼らは“なにか”に出遭った――

雪深い森の山荘に、高校時代の親友5人が久しぶりに集まった。年月を重ね、それぞれ別の道を歩いてきた5人。結婚した者もいれば、その日暮らしを続けてきた者もいる。そんな5人の目の前に、突如コリドー(光の道)が現れる。彼らはその光に触れたことにより、他人の思考を読む能力や、半不死身の力を得る!しかし彼らは、その力を使ってコリドーに近づこうとるす男を殺す。そして驚異の能力に魅せられた5人は暴走を!血みどろの殺し合いと化すのだった!!!

o0500031212422407614.jpg

~ 【  】
スティーブン・キングを思わせる、と言う振れ込みの映画でしたが、そんな映画に面白いものが無いのは分っているので期待しないで観始めました。でも、確かに…キングっぽい臭いがする…中盤からかなり面白い!俳優人のカラーもいい。若い女優出してお色気で誘わないところもいい。期待以上に楽しませてもらえました。ですが、白黒ハッキリさせないと気が済まない性分の方は消化不良になるかもれません。ちなみにコリドーとは建物の各部をつなぐ回廊、廊下のことだそうです。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事

ローリー・ホールデン

本名:Heather Laurie Holden   生年月日:1972年12月17日
国籍:アメリカ合衆国  出生地:カリフォルニア州ロサンゼルス

6JWTD00Z.jpg

出演作品はTVを含め多数あり、色々な役をこなします。その実力が評価され、映画雑誌“ハリウッド”でもっともクリエイティブな人々100選に選ばれています。最初の映画デビューは義理の父親になる監督のマイケル・アンダーソンの作品だったので、最初は七光りだったと思うのですが今は素敵なハリウッド女優の一人ですね。

『Xファイル』『ミスト』『ミラーズ』等に出演していますが、フランク・ダラポン監督とは相性が良いのか、「マジェステック」「ミスト」に引き続き、人気TVドラマの『ウォーキングデッド』にも出演していて、最初か弱い女性だったアンドレアが逞しい女性に成長していく過程を自然に見せてくれています。

ショートカットがよく似合いますね
324033_002.jpg

逞しいと言えば、彼女の役で一番好きな『サイレントヒル』のシビル・ベネット。本当にかっこいい!銃を構える姿も様になっているし、何と言ってもスタイルがいい!女性警官の制服なんて日本人が着たら野暮ったくなりそうなのに、ローライズで履いたパンツにピッタリめのシャツ、あんなにカッコよく制服を着られたら同性でも惚れそうです(笑)。

これからもどんな役を演じてくれるのか楽しみですro-ri-1.jpg


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事

ホスピス

2008年 イギリス 86分
4049_large.jpg

監督…パディ・ブレスナック
脚本…スペンス・ライト

キャサリン…アリエル・ケベル
キム…サラ・カーター
ハリス医師…マーティン・コムストン
ケニス…アンドリュー・リー・ポッツ


目を覚ませ あいつが来る

医学生のキャサリンに好意を寄せる冴えない男ケニス。ある日、医学生たちの悪ふざけが原因でケニスに癲癇の発作をおこさせてしまう。問題になることを恐れた医学生たちはケニスを路上に放置し置き去りにする。そのことが原因でケニスは昏睡状態に陥ってしまう。責任を感じたキャサリンは、彼を覚醒させようと実験中の新薬を投与するが、以来、院内で研修医たちが次々と殺されるという残虐な殺人事件が発生する。

t02200169_0400030811221425185.jpg

~ 【  】
幽体離脱して見えないことをいいことに色々悪さをする「インビジブル」的な映画かと思っていたのですが、自分は汚さないで乗移るんです。大人しめの苛められっ子って、キレると怖いですけど、その典型ですね。確かに酷い目にあってはいるのですが、そういうシーンは短くアッサリと流れてしまって、そのせいでケニスに感情移入できませんでした。医学生の殺され方は自分がされた以上に残酷ですし、警備員のおじさんなど関係ない人が可哀相。最初に注意書きは出るのですが、最後の電気の点滅シーンは思った以上に長く私まで癲癇起こしそうでした。



にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

関連記事

恐怖ノ黒電話

2011年 イギリス 91分
kurodennwa.jpg

監督…マシュー・パークヒル
脚本…セルジオ・カシー

メアリー…ラシェル・ルフェーブル
ジョン…スティーブン・モイヤー
ローズ…ローナ・レイヴァー
スティーブン…エド・クイン


この時から―未来の流れが変わる

離婚したことをきっかけに、メアリーは環境を変えようと、あるアパートに引っ越しをする。その部屋には、すでに回線の繋がった古い黒電話が据え付けられていた。やがて、この黒電話に謎の人物から連絡が入る。これに続いて連続する怪事件。果たして、電話の主は誰なのか?

kurodenwa2_large.jpg

~ 【 】
感想から言うと面白かったです(笑)。ちょっと内容を書いてしまうと、ネタバレに繋がってしまいそうなので、あまり感想をかけません。誰かも分らない相手からの電話、その主は実在する人物なのか、又ゴースト的な存在なのか、分らないまま話が進み、展開もよかったですし中だるみもせず楽しめました。過去が変わると現在が変わる。ありきたりなストーリーのようで、そうでもないんです。ストーカーの元夫の関係とも絡めて終わらせるあたりも上手いと思いました。オススメできる映画です。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ



関連記事

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。