ホラーな映画は好きですか や行

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊星からの物体Ⅹ(1982)

1982年 アメリカ 109分
124685403529716429282_yuseikarano-butai-x-bn2.jpg

監督…ジョン・カーペンター
脚本…ビル・ランカスター

マクレディ…カート・ラッセル
ブレア…A・ウィルフォード・ブリムリー
ドクター・コッパー…リチャード・ダイサート
ギャリー…ドナルド・モファット


南極大陸の氷の下から宇宙最大の恐怖が蘇える!

その恐怖は一匹の犬から始まった。見渡す限り氷に囲まれた白銀の大雪原を、ヘリコプターに追われて逃げる犬は、アメリカの南極観測基地へと辿りつく。ヘリコプターを操縦するノルウェイ隊員が銃を乱射したため、アメリカ隊員はやむをえず彼を撃ち殺すが、やがてノルウェイ隊員が異常に錯乱していた理由が明らかになる。なんと犬の正体は10万年前に地球に飛来したエイリアンだったのだ!接触する物を体内に取り込むエイリアンは、巧みに人間の姿に変身、吹雪に閉ざされた基地内で、隊員たちは互いに疑心暗鬼になっていく。そんな中、彼らは挙動不審なマクレディーをエイリアンではないかと疑うが…。

img_537920_35182585_0.jpg

~ 【
1951年にハワード・ホークスが映画化していますが、原作と大きく違った前作とは違い、こちらはかなり原作に忠実に作られています。1951年という時代の限界もあったとは思うのですが、ホークス版は人間の形をした怪物?のような姿で登場するエイリアンが、このカーペンター版では、何ともグロテスクなクリーチャーへと変わっているんです。ロブ・ボッティンの、当時としては画期的な特殊メイク効果も本当に素晴らしく、30年以上経った今でも色褪せません。CGではなく、そこに存在するもののグログロネチャネチャはたまりませんね。この話の三日前に遡る設定で作られた『遊星からの物体X ファーストコンタクト』を観てから鑑賞するのも面白いかもしれません。



にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

スポンサーサイト

夜明けのゾンビ

2011年 アメリカ 113分
original.jpg

監督・脚本…ジョン・ゲデス

エドワード…マーク・ギブソン
アイザック…アダム・セイボールド
エマ…ジョーダン・ヘイズ
イヴ…ディー・ウォーレス


“これは娯楽ではない芸術だ”

南北戦争終結から数年。死者がよみがえる謎の疫病が広がり、元南軍兵士エドワードもゾンビ化した妻子をやむなく撃ち殺すことになった。生きる希望を失って放浪する彼は、やがてアイザックという男に出会う。彼によると、敗戦した南軍のウィリアムズ将軍の一味が、この疫病を悪用するため人をさらって人体実験を行なっているという。エドワードは、一味にさらわれたというアイザックの妹エマの救出に手を貸すことになるのだが……。

20130222_288844.jpg

~ 【  】
ゾンビ映画なのですが、壮大な時代劇のような作品です。とは言っても低予算な感じはあるのですが…。時間も113分とホラー映画としては長く、大きな盛り上がりには欠けるため、ドキドキを求める方には大変つまらない映画かもしれません。ですが、低予算ながらゾンビはそれなりに出来上がっていますし、よくある大群で襲ってくるタイプとは違うゾンビなので追いかけられるのが苦手な人には安心して観れる作品かもしれません(笑)ロードムービー系が好きな人にもオススメです。「シッチェス映画祭 ファンタスティック・コレクション」の一環として上映されました。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

屋敷女

2007年 フランス 82分
20090316_457485.jpg

監督…アレクサンドル・バスティロ/ジュリアン・モーリー
脚本…アレクサンドル・バスティロ

女(侵入者)…ベアトリス・ダル
サラ…アリソン・バラディ
ルイーズ…ナタリー・ルーセル
ジャン=ピエール…フランソワーズ=レジス・マルシャソン


この女、凶暴につき。

四ヶ月前に夫のマチューを自身の運転する車の衝突事故で亡くしたサラは、出産を間近に控えていた。クリスマス・イヴの日、産婦人科からサラは一人で自宅に戻る。その夜、黒ずくめの女が電話を貸してほしいと訪ねてきた…。サラは暗い女の声を不振に思い追い返そうとしたが、女は執拗にドアを開けて欲しいと頼むのだった。次第に女の態度は強硬になっていく、女はサラが事故に遭い夫を亡くしたことまで知っていた。

78d21db1-s.jpg

~ 【 】
『女はもうずっと昔から子供を欲していた。誰よりも子供を愛する自信があった。世界で一番優しい母になれると思っていた。しかし、彼女は子供を授かる事が出来なかった。長い年月が過ぎ、女は歳をとり、子供の事を諦め始めていた。そんな時、彼女は自身の胎内に待ち望んでいた命が宿っている事を知った。生まれて初めて人生の喜びを知った。彼女は幸せだった。その事故に遭うまでは』 こんなことを書くとネタバレですが、ネタがバレようとバレなかろうと内容は変わりません。この映画の観ところはストーリー等ではなく激しく痛そうな場面の連続です。武器がハサミに包丁そしてトースター(爆)伝説となっている場面はレンタルでは鑑賞することができません。勇気のある方は購入して下さい。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

予言

2004年 日本 95分
7b217f58373f75d0acca546ea48a513e.png

監督・脚色…鶴田法男
脚色…高木登

里見英樹…三上博史
立原綾香…酒井法子
若 沙百合…堀北真希
御子柴聡子…吉行和子


これがあなたの運命だ

里見は妻・綾子と娘・奈々を連れて車で帰省中だった。途中、急ぎの仕事で電話ボックスに立ち寄った里見は、そこで奇妙に古びた“新聞”を見つける。「自家用車にダンプ激突、炎上する車、女児犠牲に、里見奈々ちゃん(5)」事故の日付は、今から数分後…。その瞬間!娘のいる車に、大型トラックが追突してきたのだ。“新聞”に書いてある通りの事故が、目の前で現実に起こった…。事故から3年、里見のもとに再び“新聞”が届いた。新たなる予言、死の未来は変えられないのか?

001.jpg

~ 【  】
つのだじろうの恐怖新聞、その映画化だと思って見たのですが自転車を漕ぐ音や新聞の投函は同じでも、一日読んでも寿命が百日縮まることは無かったですし「未来を予告する新聞」と言う設定のみで違う物語でした。これはこれで楽しめましたが、子供の頃読んだ『恐怖新聞』の怖さが印象深く期待し過ぎちゃったのか怖さを感じることはできませんでした。途中芋虫みたいに動く人間が気持悪かったのと、焼け爛れた子供に一瞬ドキっとしたくらいかな…。子供が犠牲になるシーンがある映画は苦手なので、悲しく切ない映画と言う印象です。

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

遊星からの物体Ⅹファーストコンタクト

2011年 アメリカ 103分
032.jpg

監督…マティス・ヴァン・ヘイニンゲンjr
脚本…エリック・ハイセラー

カイト・ロイド…メアリー・エリザベス・ウィンステット
サム・カーター…ジョエル・エドガートン
サンダー・ハルヴァーソン博士…ウルリク・トムセン
デレク・ジェイムソン…アドヴェール・アキノエ=アグバエ


それは、すでに我々の中にいる!

どこまでも雪と氷が広がる南極大陸。考古生物学者ケイトは、氷の中で発見された、太古の昔に死んだと思われる生命体の調査のため、ノルウェー観測隊の基地へと降り立った。しかし、“それ"は、まだ生きていた。調査の中、ケイトたちが解き放った物体は、狙いをつけた生物の体内に侵入、細胞を同化して、その生物になりすまし、自らの生存のため人間同士を争わせようとする宇宙からの生命体だったのだ。そしてケイトと12人の観測隊員たちは、氷に閉じ込められた南極基地の中で、突如人間から変形して襲いかかる“それ"の恐怖と、誰が“それ"に乗っ取られているのかすら分からない疑心悪鬼に巻き込まれていく…。

TheThing01_face.jpg

~ 【 】
1951、1982年のリメイク版ではなくて、あの映画の3日前と言う設定になります。ジョン・カーペンターの世界観が壊れてなく、あの映画を観た人がニヤけてしまうような箇所が調所にあります。ちゃんとそれに繋がる終わり方なんか嬉しくなる程。クリーチャーがハリボテではなくCGになったことが、かえってリアリティーを感じさせない感は少しあるのですが(私はね)人数が多くて誰が乗っ取られてるか分りにくいところなんかは面白くて、観ていてワクワクしちゃいました。こう言う映画好きだな~。。。

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。